妊娠中にカフェインがダメな理由…流産率にも影響するコワイ真実

赤ちゃんができると「妊娠中はカフェインとらない方がいいよ」と周りから言われますよね。

「妊娠中は絶対にダメ!」という意見もあれば、「少しくらいなら飲んでもOK」という情報もあったりで、よくわからないけどなんとなくカフェインを我慢している人や、まったく気にしていないという人など様々でしょう。

私自身妊娠中「少しくらいのカフェインなら飲んでもいいらしい」という話を聞き、時々飲んだりしていました。しかし、カフェインが赤ちゃんに及ぼす危険を妊娠中にきちんと知っていたら、絶対に『ちょっとぐらいなら~』なんて考えにはならかなったのに…と息子に少し申し訳なく思っています。

そこで今回は、どうして妊娠中にカフェインがダメなのか、その理由とおすすめの飲み物についてお伝えいたします!


スポンサーリンク

妊娠中にカフェインがダメな理由…どんな飲み物ならOK?


流産の危険性がなんと2倍に!

アメリカの保険会社が行った調査によると、妊娠中のカフェインの摂取量と流産の危険性は比例しているのだそうです。

妊娠してからも、妊娠前と同じようにカフェインを摂り続けた女性約1000人を追跡調査し、1日200mg以上のカフェインを摂取していた女性は、流産の確率が全くカフェインを摂っていない女性の『2倍』にのぼるというのです!他にも低体重児の出産や、死産のリスクも上昇すると言われています。

東洋医学の世界でもコーヒーは「極陰性」に分類され、極度に体を冷やす食品。冷えは不妊や妊娠中のトラブルの原因にもなるので、妊活中の方も注意が必要。

200mgのカフェインというと、220mlの小ぶりなコーヒーカップに2杯といったところです。習慣的にコーヒーを飲んでいる方にとっては、軽く飲めてしまう量ですよね。

また、意外に見落としがちなのが食品に含まれるカフェインで、特にカカオを多く使用したダークチョコレートなどは、カフェイン含有量が100gあたり50mg~80mgと、コーヒー1杯にも匹敵する高カフェインなので注意しましょう。

カフェインが含まれる飲み物


コーヒー以外にもカフェインを含む飲み物はたくさんあります。レストランなどではコーヒーが飲めない人の選択肢として、紅茶や緑茶が用意されていますが、紅茶も緑茶もカフェインを含みます。とくに緑茶の中には、コーヒーよりも高カフェインな種類もあります。

そのため、妊娠中は安易に「コーヒーがダメだからお茶で…」という選択にはなりません。お腹の赤ちゃんのために、カフェインは何に含まれているのかをきちんと知っておきましょう。

コーヒー・紅茶・緑茶以外では、コーラ・ココア・ウーロン茶・ほうじ茶・玄米茶などにカフェインが含まれています。個人的にはほうじ茶と玄米茶はノンカフェインだと思っていたので少しショックでした(汗)

カフェインレスをうたっていない「お茶」には、基本カフェインが入っていると考えていた方が良いかもしれません。

カフェインレスコーヒーならOK?


妊娠中もコーヒーがやめられない妊婦さんの救世主とも言えるカフェインレスコーヒー。特殊な方法でコーヒー豆からカフェインを除去することで作られています。

コーヒーが含む体に良いとされる成分は摂りつつも、胃腸の荒れや刺激性の強いカフェインの害を受けずに済むことから、海外では妊娠中でなくとも一般的に広く愛飲されています。

90%以上のカフェインがカットされている場合がほとんどなので、普通にコーヒーを飲み続けるよりはずっと良いと言えますが、数%のカフェインが残留しているため、完全なノンカフェインでないことは覚えておきましょう。(だいたい10%未満まで除去されています)

私もコーヒーが大好きだったので、授乳期間中においしいカフェインレスコーヒーに出会って愛飲していました。そのときに愛飲していたのがこちらのデカフェ。デカフェとは思えないクオリティに驚かされます。

私はコロンビアが飲みやすくて好きでしたが、酸味が好きな方にはモカもおすすめ。他にもバリがあり3種類のラインナップ。飲み比べの詰め合わせもありますよ。

しかし、私の場合は微量のカフェインでも息子に影響するようで、夜中に起きる回数が増え、アトピーが悪化する印象を受けました。(もちろん「私と息子の場合は」ですから、微量のカフェインでは影響を受けない例もあるかと思います。)

私の場合は罪悪感が強かったため、徐々にデカフェも脱却、今では完全にノンカフェインのお茶で満足できるようになりました。

おすすめのノンカフェイン飲料


私が妊娠中からずっと飲み続けているのがルイボスティーです。最近では取り扱い店舗も増え、手に入れやすくなりました。ノンカフェインで、妊婦さんにも赤ちゃんにもおすすめです。

ルイボスティーの魅力はなんといってもその効果・効能

強い抗酸化作用と、女性の体をすこやかに保つための栄養素を多く含むルイボスティーは、卵子を若返らせ、妊活に良い影響があるとも言われています。ホルモンバランスを整え、子宮の状態がよくなるため生理痛の軽減にも役立ちます。

また、妊娠中・産後にもとてもおすすめです。妊娠・授乳中のママにうれしい亜鉛・鉄・カルシウムを含み、妊娠後期に起こりやすい冷えやむくみの改善にも効果を発揮します。

クセの少ない味なので、日常的にストレスなく飲み続けていけるのも大きな魅力と言えますね。食事時にも、持ち歩いて水分補給にも、スイーツを食べる時にコーヒーの代わりにも…飲みやすいスッキリとした味で、シーンを選ばず活躍します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ROYAL-T ロイヤルTルイボスティー 有機ルイボス茶 160パック 400g…
価格:1625円(税込、送料無料) (2017/9/16時点)

色々飲んだ結果、コストコのルイボスティーは有機JASで値段も手ごろ。飲みやすかったです。

また、我が家では生協の宅配システムコープデリを利用しているのですが、ナチュラル系カタログの「Vie Nature」に掲載されている有機栽培ルイボスティーもとても飲みやすく、現在の我が家のレギュラーです。

コープデリのオーガニックシリーズ

ちなみに、ルイボスティーは豊富な栄養をしっかりと抽出するために煮出しで入れるのがおすすめです。1Lの水に1~2パック入れたら沸騰するまで沸かし、沸騰後に弱火に落として5分ほど煮出せば完成です。

日本にもあった!ハーブの女王「よもぎ」


妊娠中におすすめのノンカフェイン飲料をもうひとつ。私が産後に出会ったよもぎ茶です。女性の体に嬉しい成分が豊富なことから「ハーブの女王」とも言われ、妊婦さんのために助産院でも採用されています。

冷えや低体温を改善することから妊活にも良い影響を与え、デトックス効果が腸内環境の改善・美肌などに役立ちます。

お茶の風味は少し個性的で、草餅の香りをイメージするとほぼそのままと言えます。私も最初は「うわー苦手かも…」と思いましたが、薬と思って続けているうちにすっかり慣れてしまいました(笑)今ではうちの息子も大好きです。

よもぎは自生しているものも多いため、自宅の近くで採ったものを使うことも可能です。しかし、妊娠中に飲むのであれば無農薬であることや排気ガス・大気汚染の影響などを考えて、販売用に無農薬栽培されたものを購入する方が良いでしょう。

↑我が家ではこれの2袋セットを3か月に1回の定期コースで購入しています。ルイボスティーやヨモギ茶などの詳しい説明はまた別の記事でお伝えいたしますね☆

よもぎ茶についてはこちら↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の男の子を育てる1児の母。 結婚前はエステティシャンとして勤務。人体についての学びに楽しみを感じ、資格取得を目指すも結婚とともに引退。 産後、母乳育児の悩みや子どものアトピーを機に育児情報を調べ始め、個々の成長や悩みは違うのに、ネットに出ている主な記事は同じようなものばかりであることに不満を感じる。 不満を感じながらも学び続けた経験を、同じように悩むママたちの役に立てたいと、ブログ「mamabay blog」を開設。