米粉ピザの作り方☆小麦・卵・牛乳不使用の簡単レシピでアレルギーっ子も安心

大人も子どもも大好きなピザ。当然我が家もみんなが大好物です。しかし、カロリーの高さなどから見ても「なんとなく体に悪そう…」というイメージをお持ちの方は多いのでは。小麦やチーズ、外食産業の質の悪い油や添加物の点からも、食品アレルギーやアトピーなどがある方は「食べたくても食べられない」というパターンもあるでしょう。

私の息子もピザが大好きなのですが、デリバリーピザなどを食べさせると必ずアトピーが悪化します。大好物なのに使用している原材料が悪いせいで食べさせてあげられないってツライですよね…。

だったら納得のいく材料で作っちゃいましょう!

そこで今回は、私がたどり着いた、米粉なのにとってもおいしい簡単ピザの作り方をお伝えいたします☆


スポンサーリンク

米粉ピザの作り方…材料(1人分)

今回の米粉ピザの作り方は、クックパッドレシピのpiyocohouseさんの作り方を参考にさせて頂きました。→https://cookpad.com/recipe/823412#share_url

☆米粉 50g

☆塩 ひとつまみ

☆ベーキングパウダー(アルミフリー) 3g

★片栗粉 10g

★水 60㏄

有機オリーブオイル 小さじ1

※ベーキングパウダーが気になる方は不使用でもOKですが、米粉生地はバキバキに固くなりやすいため、我が家ではふっくら感を出すためにアルミニウムフリーのベーキングパウダーを使用しています。

家族みんなで食べる時などにたくさん作る場合は、倍量したものをまとめて作っても大丈夫でした☆

ちなみにピザソースは、自家製無添加ケチャップがおすすめです!とっても簡単なので生地を作る前に作っておきましょう!

5分でできる自家製無添加ケチャップの作り方はこちら↓

米粉ピザの作り方…手順

☆の粉類をボウルに入れ、軽く混ぜてなじませておきます。ちなみに中央のピンク色っぽいのはお塩です。

フライパンに★の片栗粉と水を入れ、混ぜながら中火~強火にかけます。

しばらく混ぜていると固まってくるので、透明なジェル状のかたまりになったら火を止めます。これが小麦で言う「グルテン」の代わりになります。

米粉の入ったボウルに片栗粉のかたまりを入れ、木べらやゴムベラで片栗粉を潰しながら粉と混ぜ合わせていきます。(片栗粉が熱いのでやけどに注意しましょう)

ある程度混ざり合ったら手でこねて、ひとまとまりの生地にしていきます。ここでオリーブオイルをたらすと、手がゴテゴテにならずに済みます。

生地がまとまったら打ち粉(くっつき防止に米粉を追加でふりかけること)をサラっとかけて、平らに伸ばしていきます。私はいつも生地を半分にして、2枚作ります。するとこのくらいの程よいサイズに↑

めん棒で伸ばしても、手で潰しても、ピザ回しをしてもOKです(笑)

このピザの作り方では、片栗粉がグルテンの役割を果たしているので、米粉なのにすごくしなやかで破れにくい生地です。厚めだとモチモチに、薄く伸ばすほどパリパリになります。我が家の作り方では2~3ミリが基本。

魚焼きグリルに入れ、何も乗せていない生地を両面焼きます。(好みによっては片面でもOKですが、私は両面焼きが好きです)

魚焼きグリルの強火で約2分焼くとこんな感じです。

程よく焦げ目がついたらピザソースを塗り、玉ねぎやピーマンなどお好みの具を乗せて再度魚焼きグリルにイン。1~2分で焦げ目がつけば完成です。乳製品アレルギーの子にはチーズ抜きで、大人だけチーズトッピングとかもできますよ☆

ピザに乗せるソーセージやベーコンの添加物が気になる…

ピザの簡単な作り方をご紹介しましたが「やっぱり具にはソーセージやベーコンが欲しい」と思ってしまいますよね。しかし、このブログをご覧になってピザ生地やピザソースまで手作りした方であれば、ソーセージやベーコンなどの加工肉の健康被害が気になっているかと思います。

ウインナー1本で寿命が25秒縮む」と言われるほど、ウインナーやベーコンなどの加工肉には大量の添加物が使用されています。また、大量の添加物によって見た目も食感も良くなることから、原材料は粗悪なジャンク(くず)肉が使用されている場合も多くあるのです

手軽で美味しいウインナー。子どもにも安心して食べさせられるものがあれば、ピザ作りはもちろん朝食に、お弁当にと楽になりますよね。

パルシステムのオリジナル商品がおすすめです!

我が家では生協の宅配サービス「パルシステム」を利用しています。パルシステムオリジナル商品の「ポークウインナー」は、国産豚肉を100%使用し、そのうち9割は産直肉を使用。一度も冷凍することなくフレッシュな状態で加工しています。

原材料が新鮮であるため、素材の悪さを補うための添加物は不要。肉の色を良く見せるための発色剤、結着力を補うリン酸塩、うまみをプラスする化学調味料なども一切使用していません。

発色剤を使用していないため、ウインナー自体の色はあの美味しそうなツヤのある茶色ではなく肌色…というかグレーというかあまりおいしそうな色ではありません(笑)

しかし、食べるとわかりますがとっても美味しいです!私も夫も見た目の雰囲気から正直あまり期待していなかったのですが、完全に裏切られ、もう我が家のピザ作りには欠かせません。というかピザ作りだけでなく焼きそばに・パスタに・朝食のおかずに…と大活躍しています。

価格も、無添加ウインナーですが120g×2で税込み419円。そこまで驚くほど高くはありませんから、小さい子どものいる家庭にはぜひともおすすめしたい一品ですよ!

同じシリーズでハムもあります☆

宅配サービスとか信用ならない…という方にこそ試してほしい!

私自身、自宅からスーパーが近いこともあり、宅配サービスには全く興味がありませんでした。また、食べ物の味にはこだわるタイプなので、野菜やお肉など、自分の目で見たものでないと…との気持ちから「お肉も美味しくなくて、野菜とかしおれたやつが届くんじゃないの…?」という最悪のイメージを持っていました(笑)

しかし、たまたま営業の方が自宅へ来たときに「添加物の少ないオリジナル商品が多いんです」と言われて一気に興味がわき、詳しく聞いて即契約。

無農薬野菜の取り扱いがあったり、抗生物質不使用で育てた美味しいお肉があったり、子どもの大好きなお菓子も、極力シンプルに作られたものがあったりと…今ではすっかり大のお気に入り。友人にも「パルシステムの回し者か!?」っていうくらいすすめてしまいます(笑)

無添加食品やナチュラルライフを始めてみたいと思っている方は、ぜひ資料請求してみて下さいね☆

パルシステムについては、こちらで詳しく説明しておりますのでご覧ください↓

たまご・乳製品・白砂糖不使用・完全無添加で植物性100%のパンを届けるお店がこちら!小麦粉不使用のグルテンフリーパンあり☆ネットショップもあるので遠方の方もご覧くださいね☆↓


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の男の子を育てる1児の母。 結婚前はエステティシャンとして勤務。人体についての学びに楽しみを感じ、資格取得を目指すも結婚とともに引退。 産後、母乳育児の悩みや子どものアトピーを機に育児情報を調べ始め、個々の成長や悩みは違うのに、ネットに出ている主な記事は同じようなものばかりであることに不満を感じる。 不満を感じながらも学び続けた経験を、同じように悩むママたちの役に立てたいと、ブログ「mamabay blog」を開設。