子育てママが在宅で仕事をする方法☆特技がなくてもできます!初心者におすすめのお仕事と安全な在宅ワーク利用法

子育てをしている空き時間で、少しでもお小遣いが稼げたらいいのにな~と考えた事のあるママは多いのではないでしょうか。

育てている赤ちゃんの生活リズムにもよりますが、比較的よく寝てくれて手のかからない子のママの場合、開いている時間に通信教育で習い事を始めたり、趣味のハンドメイドに精を出したりする方もいますよね。

ハンドメイドの技術があるママであれば、ブログやネットショップ、最近ではハンドメイド専門サイトなどの成長で、実際に趣味を収入につなげているママも多くいます。

しかし「何か始めたいけど私には何の趣味もとりえもないから…」とくすぶっているママ!パソコンやスマホがあればできる在宅ワークがあるのをご存知ですか?

しかも、各自治体にもよりますが、ある程度の収入の実績や自分で作成した勤務表などがあれば、在宅ワークでも認可保育園への入園も可能なのです!(私自身在宅ワークで公立保育園の審査に通過しました)

そこで今回は、子育てママが在宅で仕事をする方法と、私が実際に利用していた求人サイト、初心者にもおすすめの仕事をご紹介します☆


スポンサーリンク

子育てママが在宅で仕事をする方法

在宅での仕事はスマホ・パソコンがあれば誰にでもできます

「在宅で仕事」と聞くと、造花を何千本も作ったり、精密機械の工程を自宅で担当するようなイメージがありますよね。もちろんそれらの仕事もありますが、小さい子どものいる家庭では、いたずらや怪我の危険があったりで、ちょっと現実的ではありません。

そこで私がおすすめしたいのが、スマホやパソコンを使用した在宅ワークです。今は在宅ワークにも様々な種類があり、簡単なアンケートであれば1件1円から。高単価なものであれば、3000文字の記事を作成して1500円など、かなり幅広いお仕事があります。

在宅ワークは趣味や特技がなくても大丈夫!

そして在宅ワークの場合、募集している企業・依頼主の多くが主婦や副業の方を対象にしているため、初心者に対するサポートが厚いのも特徴。そのため「趣味や特技がない」と感じている方でも大丈夫。

まずは時間つぶし感覚で低単価案件で実績を積み、自分の経験として育てていけば、いつのまにか「ライター歴1年」や「動画編集経験あり」などのスキルが身についていくのです!

在宅ワークはスキルアップでより上を目指せる!

「経験1年」と言えるだけの実績を積めば、自分自身もかなりスキルアップしていますので、より高単価な案件に応募したり、逆に高単価募集のスカウトなどがくる場合もあります。

私自身も最初は単価100円程度の記事や、単価200円の動画編集から始まり、約1年で3000文字1500円の記事作成という高単価案件に長期継続契約で合格しました。

在宅ワークで初心者におすすめな仕事は

初心者にとくにおすすめなのが、動画編集の仕事と、記事作成の仕事。それではこの二つについて、少し説明していきますね。

動画編集の在宅ワーク

動画編集の在宅ワークは、おもにYouTube用の動画を外注している企業や個人からの依頼を受け、動画を作成するというもの。指定されたテーマに沿って写真・文章・BGMなどを組み合わせて1本の動画を作り、単価は200円前後が相場です。

在宅ワークの中では単価は低いですが、パソコンに最初から入っている動画編集ソフトを使用するパターンが多いので、パソコンさえあればOKという手軽さと、まったくの初心者であっても仕事をしながら動画編集のスキルが身に付き、家族旅行の動画編集や友人の結婚式用のVTR作成など、私生活にも活かすことができるのが魅力。

とくに子育て中のママの場合、可愛い我が子の動画をたくさん撮りますよね(*´ω`*)それを上手にまとめてBGMを組み合わせられたら、すごく感動的な作品に仕上がります☆

慣れれば数時間もあれば、写真と動画を組み合わせて、PV風の思い出VTRが作れるようになりますよ(*^^*)

私が初心者の頃に契約していた依頼主さんは、パソコンの操作画面をそのまま録画した、丁寧なマニュアル動画を作ってくれていたので、それを見ながら操作するだけで作業を進めることができました。

納品の際にも親切な添削をして下さって、次からもっと良くなるようにアドバイスや細かいソフトの使用方法なども追加で教えてもらうことができました。このように初心者向けの依頼の場合はサポートが厚いので、依頼主との相性が良ければ、あとはやる気さえあれば十分です(笑)

「パソコンは家にあるけど使い方がわからないし…」という方も、本当に簡単な動作だけでOKですし、センスやスキルも問われませんので、動画編集は在宅ワークのはじめの一歩に最適ですよ☆

記事作成の在宅ワーク

在宅ワークの中でも伸びしろの大きい仕事が「記事作成」の在宅ワークです。手軽なものだと数百文字で100円などで、スマホでできるタイプもあります。(スマホが不可の募集の場合は、募集要項に「PC使用環境のある方」などと書かれている場合が多いです)

テーマも企業ごとに様々あり、最近多いのは旅行についてや不動産、男性・女性向けのヘルスケア、冠婚葬祭マナーなどの募集がよく見られます。

女性向けの美容やヘルスケアなどは、子育て中のママにもチャレンジしやすい内容ですよね☆まずは手軽な体験談やレビュー系の募集などで、短い文字数から挑戦して慣らしていきましょう。

もともと「学校で作文が得意だった」という方などは、最初から2000文字程度の募集に応募してみるのもアリですよ☆2000文字程度なら初心者で700円程度で、高単価になってくると、1文字0.5円計算(2000文字で1000円)の依頼などもありますし、レベルが上がれば1文字1円という高単価案件に合格する可能性もあるでしょう。

記事作成なんて無理…と思っていませんか?

「記事作成」とは言っても「あなたの知識や教養を絞り出して、完全オリジナルの素晴らしい記事を毎日書いてください」と言われているわけではありません。(もちろん一流ライターさんになるとそれを求められます)

記事作成の在宅ワークの場合、テーマがあらかじめ決められていて、それについてインターネットで調べてまとめるというだけです。(すでに公開されている誰かの記事を丸写しするのは絶対にNG)

私たちが普段気になったことをスマホで調べる要領で、テーマについての情報を調べて、自分なりにまとめ、書き込んでいくのです。

依頼主によってはテーマだけでなく、見出しもすべて決められている場合があります。その場合は記事の構成を考える必要もないため、ただ調べて記入するの繰り返し。それが積もりに積もれば2000文字くらいはあっという間に書けてしまいますよ☆



スポンサーリンク

記事作成の在宅ワークの難点

初心者から始められて伸びしろも大きい…夢が広がる記事作成の在宅ワーク。しかし難点があるとすれば、希望する企業のテストライティングに合格したとしても、いざ依頼を受けての最初の数本の記事は、かなりの勢いで直しが入ること。

その依頼主や企業によって、初心者でも質の良い記事が作れるよう、記事作成に一定のルールを定めています。それに順応できるまでは、記事の修正を求められることが多いのです。基本が身につくまでの間は仕方ないことだとわかっているのですが、私にとっては毎回なかなかのダメージでした(笑)

このブログを読んで頂けると伝わると思うのですが、私は文章を書くのが大好きです☆いつも「誰が読んでもわかりやすいように」「誤字脱字がないように」などと一記事一記事真剣に、心を込めて作っています。

そうやって一生懸命に作った記事を納品して「この表現は使用しないでください」「この流れではなく順序を変えて下さい」などと事務的な修正点だらけで返ってくるんです。へこみますよ~( ;∀;)

私が記事の添削で一番グサッときたのは「当社の方針をよく理解して頂けていないようですね、もう一度マニュアルをよく読んで下さい」でした…マニュアルはプリントアウトまでしてしっかり読んだのに…これが依頼主との相性ってものなのかもしれませんね(^^;)

ツラいのは最初の5本!

そんなツライ思いを依頼主が変わるごとに経験していましたが、だいたい大変なのは最初の5本までです。私の場合は3本やればだいたいその企業のやり方が見えてきて、修正が入らなくなることが多かったです。

そしてツライ思いもしましたが、その経験を積むたびに、わかりやすく伝わりやすい記事の書き方が確実に身についていきました。そして実際このブログで記事を書く際にも活かされています。

せっかく在宅ワークでも高収入を狙えて、やりがいのある記事作成のお仕事です!希望の募集に合格したら、厳しい添削にめげずに5本だけ頑張ってみて下さいね☆すんなり通るようになれば、記事を書くのもどんどん楽しくなっていきますよ(*^^*)

私が利用していた在宅ワーク求人サイト

在宅ワークって、実は詐欺やねずみ講まがいのものも多く、被害に遭われている方も多くいるのです。私もスカウトが来た依頼の中には「アヤシイな~」と思うものもありました。そこで私が実際に利用していた、安心して使える求人サイトをご紹介いたします☆

在宅ワークならクラウドワークス

クラウドソーシング大手のクラウドワークスで、今回ご紹介した初心者向けの記事作成や動画編集以外にも、ハイレベルな動画・画像編集やロゴデザインのコンペなど、プロ向けの募集があるのも特徴。

また、契約には「仮払い」システムを導入しており、契約成立後、依頼主がクラウドワークスに報酬分を支払い、確実に報酬が私たちに支払われる準備ができた上で仕事を始めることができます。

実は在宅ワークの場合、契約通りに納品したのに報酬が支払ってもらえないという詐欺が非常に多いのです。その対策として、仮払いとしてクラウドワークスが報酬を一時的に預かり、私たちの納品が完了したら、クラウドワークスから私たちに報酬が支払われるという、2段階の画期的なシステムなのです。

これなら在宅ワークに対する知識が無くても、安心して仕事を始めることができますよ☆

ただし、中には悪質な業者がいるのも事実です。内容に関しては各個人でしっかり吟味してください。業務内容が曖昧にしか書かれていないものや、初心者向けなのに明らかに時給や単価が高額な場合は、何か裏があると思っておいた方が良いでしょう。

在宅ワークで効率よく稼ぐなら、タスク形式がおすすめ

このクラウドワークスは、登録手数料がなくて始めやすく、仕事量もかなり充実しているのですが、ちょっと難点が…。長期継続契約の場合、報酬からシステム手数料を引かれるのです。

このシステム手数料がなかなか大きくて、10万円以下の報酬の場合には20%が引かれます。これって5万円の報酬に対して1万円ですよ!これはかなりガッカリ。10万円以上の報酬であれば10%、20万円以上で5%…と下がってはいくのですが、在宅で10万稼ぐってなかなかです。

そこでおすすめなのが、システム手数料0円の「タスク形式」の在宅ワーク。この「タスク」というのはいわゆる「単発」のお仕事で、単価の高い案件は少ないのですが、システム手数料が取られないので、自分の働いた分をそのまま報酬として受け取ることができます。

子育ての空き時間を利用して在宅ワークをやりたいママにとっては、スキマ時間でできるのでピッタリかもしれませんね☆短文の記事作成の仕事はタスクによく掲載されているので「記事書いてみようかな」と思っているママはぜひチャレンジしてみて下さいね(*^^*)

クラウドワークスへのリンクはこちら↓

在宅ワークにはママの可能性が広がっている

自宅でずっと子育てをしていると「お金を稼いでいない自分」や「誰にも褒めてもらえない自分」にやりがいを見いだせなくなってしまうこともありますよね。

しかし、在宅ワークとの出会いで、「自分にもできるんだ」と気付いたことで、ママの可能性は無限大に広がります!自分の思わぬ才能やセンスに気付くことができたり、これまで「こんなの特技って言えるのかな…」と思っていたことが活かされたりもします☆

以前テレビで、80歳を過ぎたおばあちゃんがスマホアプアリを開発し、appleから表彰されている映像を見た事があります。

その方がインタビューで「私はパソコンを得たことで世界が無限に広がったの!背中に翼が生えたのよ!」と言っていたのを見て、私はすごく勇気をもらいました。

「パソコンやスマホをより身近に使いこなす私たちには、きっともっともっと大きな可能性が広がっているはず!ずっとずっと若い私たちがそこに可能性を感じなくてどうする!」と☆

それはこれから在宅ワークを始めようと思っているママにも言えること。「むずかしそうだな」と思っていても、始めてみればすごく簡単だったり面白かったりするかもしれません。

私も今では自分のブログを運営していますが、自分で「役立つブログを作れる!」と思ったのも在宅ワークでのライター経験があったからこそです。多くのママたちに勇気や笑顔を届けられるブログづくりを目指して、日々やりがいを感じながら頑張っています☆

「何かやりたいけれど何をしていいかわからない」と思っているママが、一歩踏み出せるきっかけとして、この記事が役立てられれば幸いです(*^^*)

子育てママが在宅ワークを始めるなら早いうちに!

子育て中のママが「仕事を始めたい」と思うのは、だいたい何かの節目のとき。「子どもが1歳になって少し落ち着いたら」と考えるママも多いのですが、実は早いに越したことはありません。

子どもはどんどん活発になります。歩き始めれば転ばないかと目が離せなくなり、喋るようになれば「ママもこっち来て!ママもいっしょにやって!」など、ママは自分のやりたいことがどんどんできなくなっていきます。

しかし、赤ちゃんがねんね・だっこの時期は、スリングなどを活用して「ベビ-ウェアリング」(赤ちゃんと常に一緒に、赤ちゃんをまとうように育てること)を実践すると、赤ちゃんもぐずりにくく、スキンシップがたくさんとれて、ママも自分の仕事の時間を多くとれます。

産後はあまり目を使わない方が良いとも言われるので、PC作業での無理は禁物ですが、赤ちゃんが小さいうちに自分の在宅ワークの基盤を築いておけば、その後がずっとラクになりますし、仕事の継続実績や収入によっては、自宅にいながら公立保育園・認可保育園を利用することも可能なのです!

何か始めたいと思っているママは、思ったら即行動してみましょう!少しずつでも、継続は力なりです。きっと後で「やっておいてよかった」と思えますよ☆

私が在宅ワークで公立保育園の審査に通った方法↓

何かスキルを身につけたいというママは、モーハウスで心理学活用子育て講座や女性の体についての講座など、子連れOK講座を受けてみるのも面白いですよ☆

モーハウスで行われているイベントについてはこちらをご覧ください↓



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の男の子を育てる1児の母。 結婚前はエステティシャンとして勤務。人体についての学びに楽しみを感じ、資格取得を目指すも結婚とともに引退。 産後、母乳育児の悩みや子どものアトピーを機に育児情報を調べ始め、個々の成長や悩みは違うのに、ネットに出ている主な記事は同じようなものばかりであることに不満を感じる。 不満を感じながらも学び続けた経験を、同じように悩むママたちの役に立てたいと、ブログ「mamabay blog」を開設。