守谷でランチ☆子連れママにおすすめのEinstein Cafeにカフェインレスコーヒーが仲間入り!

当ブログで「子連れママにおすすめのお店」として以前にもご紹介している、茨城県守谷市にある、オシャレな雑貨とランチ・コーヒーを楽しめるEinstein Cafe(アインシュタインカフェ)☆

オーナーである一石さんにも2人の子どもがいることから、子連れママへの気遣いが各所に見られ、お店で手作りしているデザート類も、天然の素材にこだわり、食べ物を気にしている方やアレルギーのある方を気遣って作られています。

そんなアインシュタインカフェでは、2017年の9月から「カフェインレスコーヒー」がメニューに加わりました!妊娠中や授乳中の子連れママが、より立ち寄りやすいお店になりましたよね☆

そこで今回は、新メニューとして仲間に加わったカフェインレスコーヒーのお味と、まだまだお伝えしていなかったEinstein Cafe(アインシュタインカフェ)の魅力をお伝えします(*^^*)


スポンサーリンク

子連れママにおすすめのEinstein Cafe(アインシュタインカフェ)

茨城県守谷市のお店です

Einstein Cafe(アインシュタインカフェ)は、取手市から守谷市にかけて通っている常総ふれあい道路からすぐの、守谷市民交流プラザやお菓子のサンタムールから近い、守谷市久保ヶ丘のお店です。

子連れのママは独身時代のように、オシャレな雑貨屋さんにふらっと立ち寄ったり、のんびりランチを楽しんだりはなかなかできなくなってしまいますよね。

アインシュタインカフェさんでは、そんな子連れママもオシャレな雑貨に触れてリフレッシュしたり、のんびりランチを楽しんでもらえる工夫をしてくれているお店なのです☆

詳しくはこちらの記事でご紹介しています↓

新メニューに仲間入りしたカフェインレスコーヒー

今回の最大の目的であるカフェインレスコーヒー。早速注文させていただきました☆

もちろんコーヒーのおともはふっかふかの特大パンケーキ♡

そしてお目当てのカフェインレスコーヒー↓

これね、見た目も普通のコーヒーと全然変わらないので伝わりにくいと思うんですが、すごく美味しいですよ!

私は元々コーヒーが大好きなんですが、妊娠してからは赤ちゃんに良くないとの事でほとんど飲まなくなり、授乳中の今でも息子が寝なくなってしまうので、基本的に飲みません。

妊娠中のカフェインについてはこちらをご覧ください↓

そのためカフェインレスコーヒーは一時期自宅でもよく飲んでいました。インスタントのものが多いですが、あまり美味しくないのでドリップのものをネットで注文。それでも「十分美味しい」とは思ってたんですが…。

でもやっぱり豆から入れてもらったのは全然違いますね~(*´ω`*)

アインシュタインカフェさんのカフェインレスコーヒーはコロンビア豆100%☆酸味やクセもなく、香りが良くてキレのある苦みもしっかりあります♡

これと比べてしまうと、やっぱり今まで飲んでいたカフェインレスコーヒーはなんとなく味が「ボヤっと」していたなーと思います。

カフェンインレスコーヒーとは

カフェインレスコーヒーは、コーヒー豆を特殊な方法で加工することでカフェインをカットしています。そのためメーカーなどによってカフェインカット率が異なり、実は完全なノンカフェインではないのです。

とは言っても90%以上のカフェインがカットされているものがほとんどなので、普通にコーヒーを飲み続けるのとは雲泥の差と言えるでしょう。

しかし残念なのが、カフェインカット率が高くなるほどに味が落ちるという特徴があること。

アインシュタインカフェでは、カフェインはカットしても味は落としたくないとのこだわりから、カフェインカット率は96%。ギリギリまでカットしつつも「美味しい」と自信を持って出せる豆を選んだそうです。

注文してから丁寧に淹れた、淹れたてのカフェインレスコーヒーを味わうことができますよ☆

子連れキッズも一緒にランチ☆キッズプレートもあります

子連れママにおすすめのアインシュタインカフェ。もちろんお子様用にキッズプレートもありますよ☆

食べ始めちゃっててスミマセン( ノД`)プレートの内容は、ごはんとウインナーとフライドポテト☆そこにふりかけと小さなゼリーがついてきます。ごはんもしっかり量があり、モリモリ食べても満足な量ですよ☆

そして食べ終わったら、たっぷり遊べる木製レールのプレイテーブルへ☆これがあるので、子どもだけすぐに食べ終わっちゃっても、ママはのんびりランチを楽しめます☆


スポンサーリンク

隠れた魅力!アインシュタインカフェでTシャツが作れます!

ここでちょっとマメ情報(^^)実はアインシュタインカフェでは、オリジナルTシャツを作ってもらえます☆

まずはTシャツを選んで…

Tシャツにつけたいデザインや会社のロゴなどがあれば、それを持ち込みます。

デザインに使用するカラーバリエーションはこちら↑

色だけでなく、ちょっとふっくらした素材や暗い所で光る蛍光など、おもしろ素材もありますよ☆

基本価格はこちら↑

オリジナルTシャツを作るときって、Tシャツにつけるデザインの「版」を作るのが一般的です。この版がなかなかの高額で、背中一面などの大きいプリントで、色も複数使った場合、版だけで何万円もしてしまいます。そこに別料金で印刷代やTシャツ自体の値段もかかります。

そのため本当に会社単位やクラス単位などの大人数で購入しないと、普通に買える値段にはなりません。それを考えると、アインシュタインカフェでのオリジナルTシャツはかなり格安!

安くて粗悪なTシャツ業者もありますが、これを見てもらうとわかりますが↓

仕上がりはとっても自然でキレイ☆父の日の前は「この店はTシャツ屋か!」っていうくらい子どもの似顔絵Tシャツの注文がたくさん来るのだとか(笑)

デザインに自信がない方や、会社名や子どもの名前でロゴデザインをしてほしいという場合には、オーナーの一石さんにデザインをお願いすることも可能。具体的な料金や作成の流れについては、お店で確認してみて下さいね☆

プチプラハンドメイドアクセサリー新作も☆

アインシュタインカフェの雑貨の中でもひときわ目をひく、ハンドメイドアクセサリー。ランチついでに目を奪われちゃうママも多いですよね☆

そしてアインシュタインカフェで取り扱っているアクセサリーは、デザインの良さ・クオリティに対して価格がとっても良心的!アクセサリーショップなら絶対千円以下じゃ買えないようなアクセサリーが数百円から売っているので驚いてしまいますよ!

こちらのフェザーピアスはなんと400円から!

ネイティヴな感じ良いですね(*´ω`*)

ピアスだけじゃなくイヤリングもありますよ☆

パワーストーンのネックレス☆

こちらが新作☆海をモチーフにした「シーカラッツ」さんのアクセサリー。ミニチュアのグラスがとってもキュートで胸キュンです♡

アクセサリーだけでなく、様々なミニチュア作成も行っているのだとか!ぜひ実物を見て下さいね☆可愛いですよ♡

子連れママや妊婦さんに、よりやさしいお店に

妊娠中や授乳中でも「あんまり気にしないでコーヒー飲んでます」というママは多いですが、その中には「カフェインレスコーヒーが無いから」と思っているママもいますよね。

私もそうでした。家族で出かけたときや、友達と食事に行った時など、甘いスイーツがあるとやっぱりコーヒーが飲みたくなります。

「たまにはいいか~」と思ってその時はコーヒーを楽しむのですが、夜になるとやっぱり息子が眠らなくなって後悔…「もっとカフェインレスコーヒーを置いてくれるお店があったらなー」と思い、行く先々でカフェをチェックしていました。(豆は売ってますがお店では飲めませんというお店が多いですね)

守谷で私が知っているのは、スターバックスとタリーズの2店舗だけ。そして今回アインシュタインカフェも加わりました!

(あのお店にもあるよ!という情報求みます!)

追加情報:ローソンのコンビニコーヒー「マチカフェ」でもカフェインレスコーヒーが購入可能です☆(一部取り扱いのない店舗もあり)

カフェインレスコーヒーがあるというだけで、カフェインを気にしているママや妊婦さんが、どれだけ気持ちがラクになるか…。気兼ねも躊躇もなく、自分の大好きなものを楽しめるのがどれだけ幸せなことか…。

子どものためにいつも我慢しているママなら痛いくらいわかりますよね( ;∀;)

子連れママや妊婦さんにもよりやさしくなったアインシュタインカフェ☆ぜひ守谷にお住いのママは、ランチに、ティータイムに、子連れでもママ同士でも、お立ち寄りくださいね(*^^*)

アインシュタインカフェバックナンバーはこちら↓

そのほかの茨城県南(つくばみらい・守谷・取手・つくば近辺)地域のママ向け情報はこちら☆(随時更新していきます^^)↓

 mamabay 
カテゴリー 「」
http://bayme.net/category/%E5%9C%B0%E5%85%83%E5%AF%86%E7%9D%80%E6%83%85%E5%A0%B1/
(件数:0)



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の男の子を育てる1児の母。 結婚前はエステティシャンとして勤務。人体についての学びに楽しみを感じ、資格取得を目指すも結婚とともに引退。 産後、母乳育児の悩みや子どものアトピーを機に育児情報を調べ始め、個々の成長や悩みは違うのに、ネットに出ている主な記事は同じようなものばかりであることに不満を感じる。 不満を感じながらも学び続けた経験を、同じように悩むママたちの役に立てたいと、ブログ「mamabay blog」を開設。