子育てママが在宅ワークで認可保育園を利用する方法☆家で働いてても預けられますよ!

子育て中のちょっとしたスキマ時間の有効利用や、副業によるお小遣い稼ぎとして主婦やママに人気の在宅ワーク。以前は在宅ワークというと、造花を何千本・精密機械の組み立てなどのいわゆる「内職」が一般的。

しかし現在では、スカイプやチャットアプリの普及によって、直接顔を合わせなくても細かな情報交換が可能になったため、仕事の幅が広がり、在宅ワークもどんどん進化しています。

そのためスマホ一つでできる在宅ワークもあり、家に居ながら、手の空いた好きな時間に仕事ができるとあれば、子育て中のママにとっては非常に魅力的ですよね。

しかし、在宅ワークを視野に入れているママが気になるのは「家で仕事してるなら保育園には預けられないんじゃ…」という点ではないでしょうか。実際に「家に保育可能な人がいる場合は保育園は利用できない」とよく聞きますよね。

しかし、実は在宅ワークでも認可保育園は利用可能!私自身、在宅ワークで公立保育園の審査を通過しました☆

そこで今回は、私が在宅ワークで認可保育園の審査に通過した方法について詳しくお伝えします☆


スポンサーリンク

子育てママが在宅ワークで認可保育園を利用する方法

在宅ワークは個人事業主

在宅ワークでは保育園を利用できないと感じてしまう大きな要因は「企業に勤めていないこと」と「収入の不安定さ」ではないでしょうか。お勤めもしていなくて、収入も一定じゃないし…こんなの仕事と言えるんだろうか…という感覚から「家にいるなら保育園は使えない」と感じてしまうのだと思います。

しかし、たとえば農家の方を思い浮かべてみましょう。企業には属せず、自宅の農地で仕事をします。ママはもちろん自宅にいますが、子どもを見ながら農業を行うのは無理なので、保育園を利用することができます。自宅でお店を経営されている方にも同じことが言えるでしょう。

在宅ワークをしているママも、真剣に仕事と向き合っていく場合、これと同じ状況であると言えるのです。そう、在宅ワーカーは「個人事業主」なのです!

在宅ワークで保育園を利用する際に必要なもの

在宅ワークで保育園を利用しようと思ったら、自分が個人事業主であるという自覚をしっかり持ちましょう。どこにも属していないため、給与明細も雇用証明書も誰も発行してくれません。そのため、単に企業に勤めているママよりも事前準備が重要になります。

まずは市役所・町役場で確認

保育園利用のルールについては各自治体で異なる部分が多いと思いますので、まずは自分の住んでいる自治体の役所に確認に行きましょう。

保育園を4月から利用したい場合は、前年度の10月ごろから募集が始まります。そのため、なにかと準備を整えることを考えて、9月ごろには一度市役所に出向いておくことをおすすめします。(4月以外にも随時応募を受け付けていますが、審査や抽選(定員を超えている場合)があるため、なかなかすぐには入れないのが現状です)

「在宅で仕事をしていて、個人事業主として申し込みたい」との旨を伝えると、職員さんの方から必要になる書類や申込書類についての案内をしてくれますよ☆

ちなみに、東京都内など待機児童問題が深刻な自治体の場合、在宅ワークでの認可保育園利用は、一定上の収入が無ければ「趣味」とみなされてポイントの減点対象になると言われています。

現在では多くの自治体が、より保育を必要とする人を優先的に入園させるため、ポイント制による審査を行っています。家庭環境・就労状況によってポイントが加算され、ポイントが高いほど「保育が必要な家庭」と判断され、認可保育園の審査に通過する可能性が高くなります。

もちろん最優先されるべきはフルタイムの夫婦共働き世帯。自分の住んでいる地域の保育園事情を知っておくことも必要と言えるでしょう。

在宅ワークで報酬を得ている証明

私の場合は、在宅ワーカーの登録サイトで様々な依頼主から依頼を受け、サイト用記事の作成や、youtube用動画の作成を行っていました。

そのため特定の企業や登録サイトから雇用証明などはもらえないため、自分で報酬を証明できるもの(サイト上にある報酬決定履歴や銀行通帳の振り込み履歴)をコピーし、自分がいつから、どの程度の期間、どれくらいの収入を得ているのかという証明に使用しました。

また、念のため納品した際に発行できる納品書や、依頼主からの「報酬入金証明」などがもらえれば、より明確に契約による報酬が発生していることの証明になります。

ハンドメイド作品の販売や個人セラピストの方などは、料金を頂いた際の領収書や、銀行振り込みの履歴などが証明として使えます。さらに継続期間が長い方であれば、売上の一覧表を作成しておくとより手続きがスムーズです。

在宅ワーク時の勤務表

スキマ時間に在宅ワークを行っているママにとっては「勤務表??」という感覚ですよね。私も市役所の職員さんから「勤務時間表の提出もお願いします」と言われて「??」と思いました(笑)

しかし、個人で事業を行うと考えると当然のことです。私の場合は、保育園に入るまでは子どもの昼寝中と就寝後の時間を使って仕事をしていたため、Excelで簡単な表を作り、日にちと12:00~13:30・20:00~23:00のように日中と夜の作業時間を記入した表を作成。

勤務表の下には「現在保育をしながらのため1日4~5時間の勤務ですが、保育園入園後は月~金9:00~18:00のフルタイム勤務を予定しています」と付け加えていました。

パソコンが苦手な方や、自宅にプリンターが無い方であれば、手書きでも良いでしょう。とにかく自分が収入を得るために作業している時間と、保育園利用後に勤務する時間を、勤務表として提出しましょう。

在宅ワークでも保育園ポイントをアップさせるためには

私が住んでいる地域は茨城県南のつくばみらい市。あまり子どもも多くなく、栄えている一部地区以外はどちらかというと過疎化が進んでいる地域です。そのため、そこまで壮絶な保活戦争は起こっておらず、待機になる場合も子どもが多過ぎるというよりは、職員が少ないため園児を増やせないという理由の方が強そうです(^^;)

そのためここまでの説明は、あくまで「子どもが比較的少ない地域のママ向け」と思っておいてもらった方が良いでしょう。

ここからは子どもの多い地区のママが在宅ワークで保育園利用を勝ち取るための、在宅ワークでも審査ポイントをアップさせるための方法を紹介いたします☆

在宅ワークで開業・確定申告を行う

先ほども少し触れましたが、東京都内などでは一定の収入(最低賃金計算)を超えていない在宅ワークは「趣味」とみなされてしまいます。その条件下ではもちろんしっかりとした収入があるのが前提ですが、その他にも個人事業主として開業手続きを行い、年間の事業収益と経費などを計上。確定申告を行うことで非常に強い「事業を行っている証明」を得ることができます。

やり方は、まず管轄の税務署に出向いて個人事業主としての開業届を提出しましょう。(正しくは個人事業の開業・廃業等届出書)

確定申告については、1年の売り上げ一覧の表を作成して収益の証明と経費の証明を提出します。

経費に関しては、在宅ワークを始めるためにパソコンを買ったのであれば、それも経費になりますし、ハンドメイドの素材の購入なども経費になります。忘れずに領収書をもらい、確定申告で提出しましょう。

(私の場合は市役所に確認し、開業届の提出は必要ないとの事だったので、この時点での開業手続きはしませんでした。)

一時保育・認可外施設を利用して実績をつくる

私の場合は自宅のスキマ時間の在宅ワークの勤務実績で審査を通過することができましたが、子どもの多い地域などではそれだけでは不十分な場合があります。

審査に落ちて待機になってしまった場合や、確実にポイントを得たい場合には、一時保育や認可外施設を利用した実績を提出することで、ポイント加算につながります。

一時保育の場合には、ただ単に利用したことがあれば良い訳ではなく「週に○回以上の一時保育利用が条件」などと自治体によって条件が決まっています。こちらは各市町村の役所で確認しておきましょう。

認可外保育園の場合にはどうしても職員の質が心配ですよね。しかし認可外であっても、自然派保育など、認可外だからこそできる細かなケアを売りにしている質の高い保育園もあります。

そういった認可外の場合は公立よりもずっと良いです。ただしその場合には保育料が少し割高であると考えておきましょう。(実際私は公立の審査に通過しましたが、公立保育園の職員の対応の悪さに不満を感じて一週間で退園。現在は自然派保育の認可外保育園に通わせています)

逆に認可外施設でもあまり保育料の安い施設は、働いている職員の質・施設の環境など、よく吟味するようにしましょう。

子育てママがこれから在宅ワークを始めるなら…

趣味も特技も無いけど、少しでも家計の足しに何かしたい…と考えている子育てママは多いですよね。最近の在宅ワークは趣味や特技がなくてもできますよ!



スポンサーリンク

初心者にとくにおすすめなのは動画編集やサイト記事作成の在宅ワーク。初心者や主婦、子育てママ歓迎の仕事も多いので、サポート体制が手厚く、本当にゼロからでも始めることができるので、自宅でくすぶっている子育てママにはとってもおすすめの在宅ワークですよ!

子育てママが在宅ワークをゼロから始めるための記事はこちら↓

あきらめないで!在宅ワークでも認可保育園の利用は可能です

住んでいる地域の子どもの人数や、各自治体のルールによって、実際に審査を通過できるかどうかは変わってきますが「在宅ワークでも不可能ではない」ということがわかって頂けましたよね☆

核家族が多い現代の日本で、ママが一人きりでずっと子どもと向き合っていくのは想像以上に困難です。思い切り打ち込める仕事を見つけられること、新たに収入を得られることなど、在宅ワークが子育て家庭にもたらすメリットはとても大きいと言えます。

そして早い段階から社会生活を積むことができるのは、子ども自身にとっても大きなメリット。すぐには保育園に入れなくても、一時保育や認可外施設を上手に利用しながら経験を積み重ねて、子どももママもお互いに成長していけるような生活を目指していきましょう(*^^*)

こちらの記事もおすすめです↓



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の男の子を育てる1児の母。 結婚前はエステティシャンとして勤務。人体についての学びに楽しみを感じ、資格取得を目指すも結婚とともに引退。 産後、母乳育児の悩みや子どものアトピーを機に育児情報を調べ始め、個々の成長や悩みは違うのに、ネットに出ている主な記事は同じようなものばかりであることに不満を感じる。 不満を感じながらも学び続けた経験を、同じように悩むママたちの役に立てたいと、ブログ「mamabay blog」を開設。