【茨城県利根町】オーガニックベーカリーKazzKitchenのパンランチ&ハンドケア☆コラボイベント行ってきました☆

昨日のブログでもお知らせさせていただいた、茨城県利根町にあるオーガニックベーカリーKazzKitchen(カズキッチン)で行われた1日限りの「パンランチ&ハンドケア」コラボイベント☆

現在はパン一筋のKazzKitchenですが、実は以前は玄米菜食を中心としたオーガニックカフェでした。このコラボイベントでは、KazzKitchenオーナー和子さん特製のオーガニックランチが、1日限定で復活します☆

体にやさしく美味しいランチとともに、利根町の癒処・揉み屋さんによるハンドケアor肩こりケアが+500円で受けられる、体を中からいたわり、外から癒す…とってもお得なイベント!

そこで今回は、以前からKazzKitchen大ファンの私が、今回初めて参加したコラボイベントの様子・ランチ内容・そして気になるランチのお味についてもお伝えいたします☆次回も開催予定なので、今回参加できなかった方もぜひ参考にして下さいね(^_-)-☆


スポンサーリンク

利根で楽しむ!天然酵母&植物性100%のパンランチ&ハンドケア!

KazzKitchenは満席!ランチは完売!美味しく楽しいひととき

2017年9月27日(水)。この日は少しお天気が怪しく、KazzKitchenの上空もやや曇り気味。

お天気はあまり良くありませんでしたが、店内は大盛況!私が到着した13:30頃は満席でした!

ちょうど私が着いたときに入れ替えで帰られる方も数人いたため、テイクアウト用のパンを選んでいる間に席は空きましたが、とても活気があり、お店に入るなり楽しい雰囲気が伝わってきました(*’ω’*)

お総菜パンはほとんど完売でしたが、甘い系は比較的多く残っていて、やっと念願の豆乳クリームパンをゲット!テイクアウトしたパンについてはまたのちほど…

店内に入ると↓このような感じで、みなさんランチを楽しみつつ、交代で施術を受けるというスタイル。

施術スタッフとして参加しているのは、KazzKitchenからも近い癒処・揉み屋の大久保さんです☆

ランチを食べると受けられるワンコインボディケア

ランチ(¥800)もしくはパンをお買い上げの方に、プラス500円で約10分のハンドケア・肩こりケアのどちらかを選んで施術してもらえます。(この日は肩こりケアが多かった様子)

私が到着した時はちょうどみなさん食事中だったので、先に施術をしてもらってからランチを食べる形になりました☆

私は万年の肩こり症なので、ハンドも捨てがたかったですが肩こりケアをチョイス。大久保さんは女性の方なんですが、しっかり力があり、久しくマッサージしていなかったので効きましたね~(^^)

この日限りの復活ランチ

大久保さんの肩こりケアでスッキリした後は、お待ちかねのランチ♡KazzKitchenのランチは、化学調味料・食品添加物不使用はもちろんのこと、たまご・乳製品などの動物性脂肪や白砂糖も不使用。

それでは今回のランチメニューをご紹介していきます☆

右下:じゃがいものスープ

左下:厚揚げサンド

左上:野菜の豆乳マヨ和えON豆乳チーズのオーブン焼き

右上:豆乳ヨーグルトとグルテンフリーライスチップス

となっております。

これね…すんごく美味しかったです!全部!

ジャガイモのスープは美味しい塩気とともにコクがあって、ずっと飲んでいたくなるくらい美味しかった…(*´ω`*)

メインの厚揚げサンドも、厚揚げなのにパンにはさむとしっかり「肉感」を感じて、またこのマスタードとマヨネーズが良い仕事をしています(*´ω`*)

↑見た感じはチキンっぽい感じですね☆動物性食品を一切使用していないのに、ものすごい満足感!

左上のココットに入った野菜のオーブン焼きは、野菜がホクホクで甘く、やさしい豆乳のマヨ&チーズとマッチして、素材を楽しみつつも味のアクセントを感じられます☆

デザートは豆乳ヨーグルトとライスチップス。サックサクでほのかに甘いライスチップスは、豆乳ヨーグルトとの相性が抜群!そのまま食べたりディップで食べたりと楽しめます(*^^*)

そしてKazzKitchenのすごさは、何と言ってもこのランチの隅から隅までがすべて手作りということ。

「お店で調理している」というだけではなく、全部作っているのです。豆乳マヨネーズも、豆乳チーズも、豆乳ヨーグルトも全部自家製!

マクロビオティックの食事は、味が物足りなくて美味しくないというイメージがありますが、KazzKitchenでは全てを手作りし、細部にまで工夫を凝らすことで、そんな自然派食の常識を変えるおいしさを実現しています。

そしてこの日は、用意されていたランチはすべて完売!パンも15:30にはSOLDOUTし、それ以降もマッサージを受けられる方が来られたりという…大成功での終了でした☆

KazzKitchenのちょっといい話

マクロビ食や自然派志向の食事というのは、味が薄く質素な食事が良いとされることが多いのですが、KazzKitchenのパンも、今回のランチも、私たちのように一般的な食事をしている人が食べても「美味しい!」と感じられるように作られています。

そのルーツは、和子さんがマクロビオティックスクールに通っていた時のこと。マクロビ食の味の寂しさ・見た目の質素さを残念に思い「いくら体に良くても、こんな寂しい食卓で長生きしたくない…」と感じていたそうです。

その思いから、化学調味料・食品添加物・白砂糖不使用などの体に配慮したルールは守りつつも、風味やダシの出る食品、にんにくやしょうがなどの薬味をフルに活用し、美味しさを諦めない自然食を実現しました!

しかし開店当初、玄米菜食カフェとして営業していた頃は、日常的にマクロビ食を食べている方からは「本当に化学調味料を使っていないのか」「私には味がしっかりしすぎている」と受け入れられないこともあったのだとか。

でもそのスタイルを貫き続けたことで、現在の「味も見た目も楽しめる植物性100%」にたどり着いたのですから、本当に感謝です♡

利根のサロン…癒処・揉み屋さんについて

今回KazzKitchenとコラボレーションしていた癒処・揉み屋さんについても少しお伝えいたしますね☆

癒処・揉み屋さんは、今回スタッフとして参加されていた大久保めぐみさんが営んでいる個人サロン。

揉み屋さんの開業にもKazzKitchenにまつわるエピソードがあり、もともとKazzKitchenに通い詰めるほどのファンだった大久保さんが、独立開業をしようか迷っていた時、和子さんから「技術もってるなら絶対やってみた方が良いよ!」と背中を押され、開業に踏み切ることができたのだとか。

和子さんいわく「やってみたらいいって無責任みたいですけど、迷ってる人は絶対できるんですよ。できもしない人は最初から迷ったりする事すらないから、迷うんならやってみた方が良いって思う」との気持ちだったそう。

大久保さんは4歳と2歳の娘さんを持つ2児のママ☆女性ですがしっかりと力があり、骨太でやさしさの中にも鋭さのある手をしています。

そのため「女の人は力が無いから…」とか「撫でられてるようなのじゃ何されてるんだかわかんなくてイヤ」という方にもしっかり応えてくれる施術をしてもらえますよ(*^^*)

物腰も柔らかくて、施術を受ける人の悩みや疲れの原因などに寄り添った会話をしてくれるので、体だけでなく気持ちも軽くしてくれるセラピスト☆

今回私は肩こりケアでしたが、ハンドケアはクリームを使用し、押し流していくリンパドレナージュで指1本1本までほぐしてくれます。こちらもしっかりと圧が入り、マッサージを受けている方の手がみるみる血色良くなっていくのが、周りから見ていてもわかりました!

テーブルの下にはホットタオル用の保温庫を準備し、ハンドケア後にはあたたかいホットタオルで拭き取りをしてくれるという、しっかりとしたサービスでした☆

今回は約10分のプチコースでしたが、揉み屋さんのサロンでは全身・足裏・フェイスコースや腸ほぐしなども行っています。私は腸ほぐしが気になって仕方ありません…

そして価格を見て頂けるとわかりますか!?すごくリーズナブル!マッサージは基本10分1000円が相場です。ホテルスパや健康ランドなどのマッサージであれば、多くが30分3150円、60分は6300円などです。

最初から値段の安いマッサージだと「大丈夫?あやしくないの?」とか思ってしまいますが、大久保さんに1度会って、実際に施術を受けてみると、安心できると感じます☆

お近くの方や、KazzKitchenにお越しの際には、ぜひ癒し処・揉み屋さんもご利用くださいね(*^^*)(予約制のため、ご利用の際は事前に揉み屋に連絡をお願いいたします)

今回のテイクアウトは

ランチとボディケアで大満足でしたが、テイクアウト用のパンもしっかり買いましたよ(^_-)-☆

今回買ったのはこちら↓

右から、グルテンフリーライスキューブ(米粉100%のパン)ミニサイズのココア味×2・プレーン×1・ソイミルク×1。左下がグルテンフリーライスキューブのマーブルココア大サイズ×1。そしてずっと食べたかった豆乳クリームパン!今回はクリームとチョコを両方買いました♡

久々だったのでうれしくて、クリームの方は写真を撮る前に食べてしまいました…( ノД`)

ボトルっぽいのはKazzKitchenで買えるチコリコーヒー☆私はKazzKitchenに来るとノンカフェインのチコリコーヒーを必ず飲みます☆チコリコーヒーの魅力についてはこちらをどうぞ☆↓

ライスキューブのココアとソイミルクについては、前回の記事でもご紹介しているので割愛させていただきますが、今回初めて食べたプレーン!もっちもちのプレーンは、米粉本来のほんのりとした甘みがあり、噛めば噛むほど美味しさを感じることができます☆

もちろんそのままでも美味しいですが、おうちでジャムなどをつけて食べても美味しいですよ!大久保さんが「焼肉挟んだら美味しそう」と言っていたのがすごくいいアイデアだと思いました(*’ω’*)

そして私の大好物、豆乳クリームパンの中はこんな感じ↓

写真はチョコクリームですが、豆乳を使用したクリームなのにしっかりチョコレートの色をしています☆クリームの食感は、クリーム・チョコともに普通のカスタードクリームよりもプルンとした食感のクリームです(*^^*)

植物油脂などを使用していないため、ココナッツオイルの良い香りがほのかに香ります☆「子どもにチョコレートは食べさせたくない」という方も、これなら気にせず一緒に楽しめますよ♡もちろんたまごや乳製品も不使用です☆

そして今まさにブログを書きながら食べているのがライスキューブのマーブルココア☆

イベントの翌日なので、KazzKitchenで頂いたライスキューブの温め方の説明に従って、アルミホイルでくるんでオーブントースターへ…

米粉のパンは、翌日以降になると、冷めたご飯と同じでボソボソになってしまいます。試しに温める前に一口かじってみましたが、たしかに固くてボソボソ。正しい温め方をすることで、おいしく復活させることができるのです☆

あたため終わったのがこちら↓

上手に割れなくて申し訳ないですが、あたためたらほんっとにフワッフワになりました!お買い上げの当日でも、自宅に帰って食べる場合はオーブンで温めるとよりおいしいかもしれませんよ☆

そして、このマーブルココアは、ココア味よりもチョコレート感が強くて、私はライスキューブの中では一番好きでした♡もちろんKazzKitchenでは動物性脂肪や白砂糖を使用したチョコレートなどは使用していませんよ!

それなのにこんなにおいしいのって、どうしてなんだろう…といつも不思議になります(^^;


スポンサーリンク

KazzKitchenと揉み屋のコラボイベントは来月も開催予定です!

今回大盛況に終わったKazzKitchenと揉み屋のコラボイベント。今後は毎月開催していく予定でいるそうです☆

明確な日程としてはまだ決まっていないのですが、毎月の最終週の水曜日を目安に開催していくとのこと。詳しい情報は、決まり次第KazzKitchen・揉み屋のfacebookにて告知がありますので、ご確認くださいね☆

この日だけ食べられる和子さん特製の「味も見た目も楽しめる」植物性100%の自然派ランチと、大久保めぐみさんによる癒しのコラボレーション!私の大好きなKazzKitchenでの楽しみがまた一つ増えました☆

安全な食を楽しみたい方も、信頼できるセラピストをお探しの方も、自然派食っておいしくないって思っている方も…ぜひKazzKitchenと揉み屋のコラボイベントに参加してみて下さいね(*^^*)

↑左:揉み屋・大久保めぐみさん 右:KazzKitchen・佐藤和子さん

小麦不使用のパン・安全なパンを探しているけど「遠くて行けない」という方は、KazzKitchenのネットショップをご利用ください☆送料無料のおまかせセットや、2000円以上のお買い上げで「送料分のパンをお付けします」のサービスもあります!

KazzKitchenネットショップはこちら↓

KazzKitchenのfacebook↓

癒処・揉み屋のfacebook↓

KazzKitchenってこんなお店☆前回の記事も合わせてご覧ください↓

こちらは私の住んでいる茨城県南(主につくばみらい・守谷・取手・つくば近辺)地域のママ向け情報☆近隣にお住いのママはぜひご覧ください☆(随時更新していきます^^)↓

 mamabay 
カテゴリー 「」
http://bayme.net/category/%E5%9C%B0%E5%85%83%E5%AF%86%E7%9D%80%E6%83%85%E5%A0%B1/
(件数:0)



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の男の子を育てる1児の母。 結婚前はエステティシャンとして勤務。人体についての学びに楽しみを感じ、資格取得を目指すも結婚とともに引退。 産後、母乳育児の悩みや子どものアトピーを機に育児情報を調べ始め、個々の成長や悩みは違うのに、ネットに出ている主な記事は同じようなものばかりであることに不満を感じる。 不満を感じながらも学び続けた経験を、同じように悩むママたちの役に立てたいと、ブログ「mamabay blog」を開設。