【石油由来不使用生活】人間と環境にやさしい選択がもたらすメリットとは…自然からの恩返し体験☆

我が家ではもう1年近く、石油由来の合成洗剤や塩素系漂白剤などを使用していません。自宅内の掃除はすべて重曹・クエン酸・アルカリウォッシュと以前ご紹介した酸素系漂白剤のみでまかなっています。

ちなみにお洗濯に使用している洗剤も植物性100%☆我が家の洗濯洗剤はこちらで紹介しています↓

実はこの安心・安全で環境にもやさしい自然派生活を続けてきたことで、実際に目に見えるメリットとして自分に返ってきたという経験をすることができましたので、お伝えさせていただきますね(*^^*)


スポンサーリンク

環境へのやさしさがもたらす直接的メリットとは?

アナログだからこそ気付けたこと

私の住む地区は田舎で、上下水道が来ていないため自宅には浄化槽が設置されています。

トイレ・お風呂・洗面所・キッチンなどで使用した生活排水や汚物は、浄化槽に全て集められ、定期的にお金を払って汲み取りを行うシステムになっています。

この浄化槽には、あらかじめ最初に微生物のバクテリアが投入されていて、家庭から出た汚泥を少しずつ分解してくれるようになっています。

しかしバクテリアは生き物のため、油を直接キッチンに流したり、人体や環境に害のあるような薬剤・洗剤などを使用するなどで浄化槽の環境が悪くなると、バクテリアが死滅・減少してしまい、生分解が進まなくなってしまうのです。

そうなることによって私たちが受けるデメリットはズバリ汲み取り頻度が増えて「余分なお金がかかる」ということ。

専門業者さんから言われた「普通」との差

浄化槽を置いている家庭は、必ず専門の点検業者と提携し、定期的に浄化槽を点検してもらい、適切な時期に汲み取りを行わなければならないと国で決められています。

我が家では3か月に一度業者さんが点検に来るのですが、あるとき「そろそろ汲み取りの時期だと思うんですけど…全然汚泥が増えていないんです」と言われました。

「ご家族3人ですよね?赤ちゃんがオムツだとしても大人二人…長期でご旅行とか行ってましたか?」とも聞かれました。

もちろん長期の旅行にも行ってませんし、驚いたのはそれだけではありません。

それから3か月後の点検でも「まだですね…」その次も「増えてません…」いよいよ4回目にして「さすがに1回やっておきましょう!」と言われて汲み取りをお願いしましたが。最初に言われてから4回目なのでちょうど業者さんの予想より1年も遅れての汲み取りとなりました。(もちろん調べてもらっても故障などは無し)

そして汲み取りの料金は1回約万5千円!一般家庭ではなかなかの大きい額です。

各自治体や地域によっても異なるかもしれないので、あくまでも私の地域での金額です。相場がだいたい1万5千円前後とのこと。浄化槽の汚れ具合や汚泥の量にもよって変わるそうで、この回の我が家の金額は1万2千円でした。

この出費を一年遅らせることができるって、小さいようですけどすごくうれしかったです!

単純計算すれば、毎年必要になる1万5千円が2年に一度で良くなるってことです!これってすごいことですよね!

もちろん浄化槽の劣化などもあるため、単純に倍になるという計算にはならないと思いますが…(笑)

我が家が他と違った理由

今回の件で、普通の家ならもう浄化槽がいっぱいになっているはずなのに「我が家では違う」という体験をすることができました。

生活排水の点で、我が家と一般家庭で大きく違うこと…この理由を考えたときに、最も可能性が高いと思ったのは石油由来・塩素系洗剤を使用していないということでした。

自然界のものを殺さない生活を続けていたことで、浄化槽内のバクテリアが元気に働き、増殖し、どんどんたまっていく汚水を分解してくれたんだろうと。

そして、業者さんが言うように「普通」の家庭では石油系洗剤や塩素系洗剤が当たり前のように使用されていて、環境に配慮した生活を選択している家って少ないんだな…とも実感しました。

自然の摂理と人間のからだ

これって人間のからだにも言えることです。人間のからだにも皮膚の上や粘膜、腸の中に様々な菌が住んでいて、自然で健康なからだではそれらがバランスよく増殖・減退を繰り返し、ベストな状態が保たれています。

もちろん菌以外にも、血液中では赤血球や白血球のはたらきがあったり、リンパ液は体内の老廃物を運び出したりと…知れば知るほど「自然が生み出した神秘」としか言いようのないような絶妙なシステムによって人間は生存し、機能しています。

しかし、自然を破壊する人工物である石油系・塩素系洗剤や、食品添加物・化学物質・精製食品などが体に触れたり、体内に入ることで、自然に最善のバランスを保っていたものたちを死滅・減少させることで、からだを守る働きが正常に機能しなくなったり、特定の菌ばかりが増え過ぎたりすることによって、様々な異常を引き起こします。

それが皮膚の上で起これば乾燥肌・湿疹・バリア機能の低下による皮膚炎の悪化…。

粘膜で起これば花粉症やアレルギー、口臭・ドライマウスなど…。

腸内で起これば便秘・下痢・腸内環境の乱れによる免疫低下から、間接的に肌荒れ・アトピー・アレルギーなどへもつながり、最たるものではガン…。

本来は人間も自然の一部。自然界のものを殺し続けて、人間だけが繁栄し続けるということは絶対にないでしょう。

昨今のオーガニック・自然派生活ブームは、人間が本来持つ野性的な直感によって「このままではダメだ」と本能的に感じ始めた人が増えてきているというあらわれなのかなーとも私は思っています。

人間の手で作り出された便利なものに頼りすぎることの危険性を、また違った形で意識することになった出来事でした(*^^*)

自然にやさしいものは人間にもやさしい

「うちは上下水道だから関係ない」とか思ってしまう方もいるかもしれませんが、長い目で見ていくと、自宅で使用するものを環境にやさしいものへと見直していくことで確実に自分に返ってくる部分はあるはずです。

浄化槽が汚れなくなるということは、同じように排水管を汚さなくなるということ。一戸建てに住んでいる方であれば配管が長持ちするというのがごく直接的なメリットですね。

そして大きく考えると、生活排水の汚れは川の汚れ、海の汚れにつながり、不健康な魚を食べることで人間のからだも弱くなる。

汚れた海から生まれた雨雲は、汚れた雨を降らせて土や木も弱くなっていく。生態系が崩れ、あらゆるものが食べられなくなる。それは地球環境全体へと広がっていき、果ては人類自体の存亡にも関わります。

「地球なんて話が大きすぎてピンとこない」と思う方も多いですよね(笑)

でも、人間と地球ってすごく共通点が多いって知っていましたか?

「人間の体の70%は水分で出来ている」という話は有名ですが、実は地球もその70%が海水。そして人体に血管が張り巡らされ、酸素や栄養を届けているように、地球上には水脈が存在し、その土地土地へ水のめぐみを届けています。

また、妊娠中のお母さんのおなかの中で、赤ちゃんが浮いている「羊水」の塩分濃度は、海水の塩分濃度と同じなのです。

それ以外にも、人体の主要な内臓を五臓六腑と言うように、地球にも5海洋と6大陸が存在するなど、人間ってまるで地球の縮図のようだなって思わせられる部分ってすごく多いんです!

そう思うと、地球を大切にする生き方を選択するということは、きっと自分自身を大切にしていくことにつながるんだろうなって私は思っています☆


スポンサーリンク

環境へのやさしさがもたらすメリット…まとめ

なんだか書き始めたらすごく壮大な話になってしまいました(笑)

しかし、息子のためや、自分が使いたいからとの理由で始めた石油由来洗剤や塩素系洗剤不使用の生活ですが、私自身こんな目に見える形で返ってくるとは思いませんでした!

しかし、たとえ目には見えなくても、自然にも人にも配慮した生活をしていれば、巡り巡って確実に自分に返ってきます。今回はたまたまそれを実感できたひとつの例☆

人間と地球の意外な共通点を知って、より地球環境を身近に感じてくれる人が増えれば幸いです☆

人間って、地球を支配している存在ではなくて、人間も自然の一部。他人への迷惑を考慮して生きていくように、地球にも迷惑にならない人でありたいと思います(*^^*)

地球環境を7世代先まで考えた、植物性100%の洗濯洗剤をこちらでご紹介しています☆我が家でも愛用しているパーフェクトな洗濯洗剤ですよ!↓



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の男の子を育てる1児の母。 結婚前はエステティシャンとして勤務。人体についての学びに楽しみを感じ、資格取得を目指すも結婚とともに引退。 産後、母乳育児の悩みや子どものアトピーを機に育児情報を調べ始め、個々の成長や悩みは違うのに、ネットに出ている主な記事は同じようなものばかりであることに不満を感じる。 不満を感じながらも学び続けた経験を、同じように悩むママたちの役に立てたいと、ブログ「mamabay blog」を開設。