ボバラップ×ディディモス(didymos)ベビーラップ徹底比較!抱っこ紐に買うならどっち?

初めての出産…抱っこ紐をあれこれと検討していると、突如知ることになる「ベビーラップ」の存在。

中でも消費者から見て2TOPブランドと言えるのが「ボバラップ」「ディディモス」ではないでしょうか。

しかしベビーラップは使用しているユーザーが少ないことからも情報量が少なく、ネットで調べてもなかなか有益な情報が出てこないというのが現状です。

私自身、一人目の育児中にベビーラップの存在を知ってからは「2人目には絶対ベビーラップを!」と決めているのですが、ボバとディディモスどちらにするかでかなり悩んでいます。

そこで今回、私がこれまで調べてきた抱っこ紐「ボバラップ」と「ディディモス」のベビーラップの特徴・メーカーで行っているサービス情報などをふまえた上で徹底比較いたします!今後購入・検討される方のお役に立てれば幸いです☆


スポンサーリンク

ベビーラップのボバラップvsディディモス(didymos)抱っこ紐徹底比較!

ベビーラップとは?ベビーキャリータイプ抱っこ紐との違い

抱っこ紐と言えばリュックサックタイプの「ベビーキャリー」が一般的で、エルゴ・ベビービョルン・アップリカのコランハグなどが有名です。

 

 

 

これらがベビーキャリアと呼ばれるタイプの抱っこ紐。

その名の通り「赤ちゃんを運ぶ」ことを目的として作られたもので、装着のしやすさと安定性が魅力です。

そしてこちら↓が今回のテーマとなっているベビーラップ。

 

こちらはボバラップ。

まるで赤ちゃんとママが一体となっているように密着しているのがわかります。


こちらがディディモス。

一般的なベビーキャリーのイメージとは全く異なり、1枚の大きな布を体に巻き付けて、赤ちゃんと密着した状態で抱っこをするのがベビーラップの大きな特徴です。

現在でこそリュックサックタイプのベビーキャリーが一般化していますが、実は日本にも古くから兵児帯(へこおび)と言われ、一枚布で赤ちゃんをだっこしたりおんぶしたりするツールが使われてきました。

そういった赤ちゃんをまとうように育てる「ベビーウェアリング」という抱っこ・育児法は、実は世界各地にも古くからあり、ボバラップやディディモスは、そのベビーウェアリングに創意工夫を重ね、さらに進化させたものと言えるのです。(とくにディディモスは、世界で初めてベビーラップを製品化した先駆者と言われています)

ベビーラップを使用するメリット

ベビーラップの使用には、エルゴなどのベビーキャリーにはないメリットや魅力があります。ボバラップやディディモスのようなベビーラップは、抱っこをする人と赤ちゃんにとって、どのような利点があるのでしょうか。

ママにとってのベビーラップのメリット

ベビーラップの広い布面で体重が分散される

ボバラップやディディモスのようなベビーラップは、1枚の大きな布を、抱く人の上半身全体に巻き付け、広い布地の利点を活かして上半身全体に体重を分散させます。

そのため、肩や腰といった「点」に荷重が集中するのではなく、広い「面」で支えるため、長時間の抱っこでも体への負担が軽くなるのです。

赤ちゃんを高い位置で抱っこできる

人間の体は、重いものを持つとき、低い位置で持つよりも高い位置で持つ方が軽く感じ、全身への負担が軽くなると言われています。

大荷物での登山の場合には、重いものはできるだけ頭に近い、高い位置で背負うことで、歩きやすく体への負担を軽くすることができます。

とても思い荷物を、頭の上に乗せていとも簡単に運んでいる人々も見たことがありますよね。

これらはすべて人間の体が「重いものは高い位置で運ぶと楽だ」と知っているからです。

実はベビーラップの抱っこにも同じことが言えます。

こちらはボバラップ。赤ちゃんとママの顔がかなり近い位置での抱っこになっています。

こちらはベビーキャリーでのだっこ。見比べると一目瞭然ですね☆

ベビーラップは「一枚の布を体に巻く」という自由度の高さから、赤ちゃんを抱く高さも、抱く人がラクな位置に調節することができます。

そのため、体にとってよりラクな「高い位置での抱っこ」が可能になり、重心も安定。「この子ってこんなに軽かったんだ!」と感じる方も多いのです。

ベビーラップの密着性によって、抱き手の行動制限の自由度が広がる

ベビーラップは、赤ちゃんと抱き手との密着度が非常に高く「まるで妊娠中に戻ったみたい!」と感じるママも。

抱く人の体に赤ちゃんがぴったりと密着することで、赤ちゃんが不安定にゆらゆらとせず、両手を離せる制限の自由度が広がります。

また、荷重の分散や高い位置での抱っこにより、体の負担が軽くなることもあり、長時間の抱っこや、足元が悪い中での移動などにも、より負担を感じずに、自由な行動が可能になるのです。

赤ちゃんにとってのベビーラップのメリット

理想的な姿勢での抱っこが可能

アメリカでは、赤ちゃんを研究する専門家たちから「赤ちゃんにとっての理想的な姿勢は、背中の丸みをキープした状態での縦抱っこ」だと言われています。

ベビーラップを使用した抱っこは、布の広い面全体で赤ちゃんの不安定なからだを支え、背骨の丸いカーブや股関節のM字開脚をキープした「赤ちゃんにとっての理想的な抱き姿勢」での抱っこが可能なのです。

ベビーラップの密着間で安心・しあわせ

抱き手とピッタリと密着した状態でいると、赤ちゃんはママのおなかの中にいた頃を思い出します。胎内を再現した状態に赤ちゃんは安心感・幸福感を感じるため、泣くことが少なくなり、よく眠るようにもなると言われています。

また、ベビーラップの使用によって抱っこの時間が長くなり、密着度の高いコミニュケーションの時間が増えることによって、赤ちゃんの発達の第一段階である「親子の愛着形成」を促すはたらきもあるのです。

ただし、あまりにも長い時間同じ姿勢でいることは、赤ちゃんにとっても負担になるため、授乳やおむつ替えのタイミングで一度赤ちゃんを降ろすなど、要所要所で休憩を挟みましょう。

ボバラップとディディモスの特徴と違い

ここまではベビーラップの基礎的な情報をお伝えしてきましたが、ここからは今回のテーマでもあるボバラップとディディモスが、抱っこ紐としてどう違うのかについて検証していきましょう☆

ボバラップとディディモス…布地の違い

まずボバラップとディディモスで決定的に違うのが「布に使用されている生地」です。ざっくり言ってしまえば伸縮性があるかないか。

世界で初めてベビーラップを製品化したと言われているディディモスでは、弾力性や耐久性のある生地を使用しているとされていますが、生地に伸縮性は持たせていません。

ディディモスの生地へのこだわり

ディディモスで使用している生地には、徹底した安全性と環境への配慮がされており、重金属を含まずアレルゲン性の低い染料を使用し、繊維のもととなる原綿は徹底された有機栽培のもののみ。製造工程で一切の化学処理もされていません。

100%のオーガニックコットンをはじめとして、日本の気候に合わせてシルクや麻を織り込んだ生地が使用された日本限定商品などもあります。

ボバラップの生地は

一方、ボバラップの生地には伸縮性があります。ディディモスは世界初のベビーラップメーカーと言われていますが、ボバラップの創業は2000年に入ってから。

ボバの公式サイトには

2006年、創設者夫妻に息子が生まれ、いくつかのベビーラップを試してみるも、編まれているベビーラップは腕を上げるのも大変なほど動きを制限され、逆に伸縮性のある素材では、伸びたままになって歩くうちに赤ちゃんがずれてきてしまい、コツをつかむのに時間を要しました。

夫妻はベビーラップを何度も結び直したりすることに疲れ「完璧な素材」を探すことにしました。

模索した結果、ついに見つけた「完璧な素材」で作ったベビーラップは、丈夫で耐久性に優れ、さらに伸び縮みする伸縮性のある素材でした。

とあります。

創業者夫妻にとっては、伸びない生地にも、伸びすぎてしまう生地にも満足がいかず、その結果にたどり着いたのがボバラップの生地だった…ということですね。

創設者自身が「完璧な素材」と自負する生地は、その伸縮性と耐久性によって、赤ちゃんを出し入れする際に結びなおす必要がないというのが最大のメリットです。

ボバラップとディディモス…抱っこ紐装着のしやすさ

ベビーラップ検討に当たり、一番ネックになるのが「上手に装着できるのか」という点ですよね。

新生児に使用する際の「装着のしやすさ」という点だけで言うと、私はボバラップの勝利かなと思います。

その理由は、ボバラップの装着はその伸縮性を活かし、一度つけてしまえば胸元から赤ちゃんを出し入れするだけで良いため。

ボバラップの装着方法は、こちらをご覧ください↓

もちろん出し入れの際にゆるみが生じるため、その都度の微調整や締め直しは必要かと思いますが、伸縮性のある布はしわにもなりにくく扱いやすいかなーと感じます。

ディディモスの生地には伸縮性はありませんが、巻き方のバリエーションが幅広く、ボバラップのようにあらかじめ結んでおいて、赤ちゃんを降ろした後もそのままつけていられる巻き方もあります。

しかし伸縮性のない生地のため、生地の余りやゆるみを、布を引っ張りながら調節する「引き締め」が必要になり、ボバラップよりも慣れやコツが必要かなと感じるため、装着の容易さとしてはボバラップの勝利というわけです。

ボバラップとディディモス…長く使えるのは?

私は現在2歳半の男の子を育てていて、そろそろ二人目を考えようかな~と思っています。そのため、二人目に絶対買おうと決めているベビーラップについて、ボバラップとディディモスどちらにするかで決め手に迷い、詳しく調べています。

そして購入した際には、2人目の新生児はもちろん、息子のおんぶにも使いたいと思っています。そのため、耐荷重や対応年齢などは意外と重要。

この点ではディディモスが圧勝です。なぜなら、ボバラップは基本として「おんぶは推奨しない」と公表しており、メーカーが「理想的に使用できる年齢は生後1年」としているため、現時点で2歳半になる息子のおんぶに使用するというのは、少しイメージと違うな~と感じたためです。

ただし、ボバラップの耐荷重は16kgで「2歳になっても赤ちゃんとママが気持ちよく使用できている際はぜひお使いください」とされているため、一概に1歳までしか使えないというものではありません。また、一般の方のおんぶ使用法の動画などもあるため、自己責任の上ではおんぶの使用も可能です。

ディディモスは300kgの荷重テストもクリアしており、基本的に体重制限がありません。抱っこもおんぶも、子どもが大きくなるまで自由に使うことができます。

さらにディディモスは、その布の強さから、1枚の布で双子の赤ちゃん両方を抱っこする「タンデム抱っこ」も可能なのです!これにはさすがに驚きました!

巻き方のバリエーションが幅広く、子どもの首が座れば、スリングのような手軽な巻き方や、あらかじめ結んでおいて子どもを入れるだけという方法もあるため、子どもが大きくなるほどに手軽でシーンに合わせた使い方ができるという点で、1枚あれば何歳まででも!と思えるディディモスの勝利という訳です☆

ボバラップとディディモス…メーカーで行っているサービスは

ボバラップやディディモスなどのベビーラップは「すごくいいな!」と思っても、なぜか購入まで踏み切れない「見えない壁」がありませんか?

それはやはり「情報量の少なさ」「商品に触れる機会がない」ことではないでしょうか。

初めての出産に向けて、抱っこ紐を探しに行く先は、たいていベビー用品量販店。ベビーキャリーやスリングなどのアイテムは、たいていのものが量販店での試着が可能です。

しかし、ベビーラップに関しては試着どころか商品の取り扱いすらほとんどない状態。(確かに専門のスタッフによるレクチャーがないと試着もできないため、量販店での販売は難しいですね^^;)

そのため知名度も低く、ベビーラップの存在すら知らなかったという方も多いですよね。

実際に触って、使ってみないとわからないのが抱っこ紐。そこで、ボバラップ・ディディモスではそれぞれ、顧客が商品を手に取って触れることのできるサービスを設けています。

まず、ボバラップでは都内や神奈川などの「ビームス」において体験抱っこ会を実施しています。また、大手百貨店などでの体験イベントもあります。

詳しくはボバラップについてのまとめ記事をご覧ください↓

追記:ボバラップのお試し抱っこ会参加のまとめ記事、公開しました↓

そしてディディモスではなんと!商品の2週間レンタルサービスを実施しています!レンタル利用者にはスカイプでの無料講習もセット☆

さらにディディモスでは各地域に専門のアドバイザーを育成しており、アドバイザーによる抱っこ講習会なども積極的に開催されています。

詳しくはディディモスについてのまとめ記事をご覧ください↓

追記:ディディモスの2週間レンタル体験しました!公開記事はこちら↓

これらの利用者に対するサービスを比べてみると、ディディモスの方がかなり手厚いサービスであることがわかります。

ボバラップの場合には、無料で参加できる体験会ではありますが、開催地が首都圏に集中しているため、地方に住む方が商品に触れる機会がありません。

私自身、現在は茨城県南に住んでいるので都内に出るのに苦労はしませんが、もともとの出身は北海道のため、やはりこの地方格差はちょっと許しがたいと感じてしまいます(笑)

ディディモスの場合には、全国どこに住んでいても、レンタルによって商品に触れることができ、スカイプが使用できれば細かな質問やアドバイスを受けることも可能です。

全国各地にアドバイザーを育成することで、地方の地域にも窓口を設けるというのも、細やかなサービスと言えますね☆

また、ディディモスはホームページの情報も厚く、ホームページを見るだけでもかなり細かい点までイメージすることが可能です。

利用者への細やかなサービスの点で見ても、ディディモスの方が高評価ですね☆


スポンサーリンク

ボバラップとディディモス…抱っこ紐にするなら

今回ボバラップとディディモスを徹底的に比較してみて、現段階での私の気持ちは、ディディモスに軍配が上がっています。

やはり手厚いサービスがうれしいですね☆そして幅広い結び方のバリエーションで長く使っていけるというのも、抱っこ紐では重要なポイント。

私の場合はエルゴ・スリング数種・おんぶ紐・ベビーケターンなど数種類の抱っこ紐を経ての、今回のベビーラップのため、ディディモスの幅広い結び方のバリエーションもイメージしやすく、よりなじみやすかったのかなーと感じます。

私の抱っこ紐経験談【baymeの抱っこ紐おぼえがき】第一弾はエルゴ!↓

また、現在ディディモスレンタルサービスにも申し込み中で、ビームスで行われる体験抱っこ会にも参加予定です!

実際にベビーラップを私の目で見て、触れて、どうだったかをまたお伝えしたいと思っておりますので、そちらもお楽しみにして下さいね(*^^*)

ディディモスレンタルサービス体験談、公開しました!↓

こちらの記事もおすすめです☆↓



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の男の子を育てる1児の母。 結婚前はエステティシャンとして勤務。人体についての学びに楽しみを感じ、資格取得を目指すも結婚とともに引退。 産後、母乳育児の悩みや子どものアトピーを機に育児情報を調べ始め、個々の成長や悩みは違うのに、ネットに出ている主な記事は同じようなものばかりであることに不満を感じる。 不満を感じながらも学び続けた経験を、同じように悩むママたちの役に立てたいと、ブログ「mamabay blog」を開設。