ディディモス(didymos)をレンタルしてみた!抱っこ紐マニアが語る超詳細レビュー☆

世界で初めてベビーラップを商品化したと言われている、ベビーラップの老舗ディディモス(didymos)。

以前私がディディモスについて詳しくまとめた記事はこちら↓

ベビーラップってすごく魅力的なんですが、ベビーキャリーやスリングに比べると、ユーザーが圧倒的に少ないため情報量も少なく、欲しいと思っても決め手に欠けます。

また、一般的な量販店での販売もされていないため、商品に触れる機会もまずほとんどありません。

そこで利用してもらいたいのがディディモスで行っているレンタルサービス!商品を手に取れるだけでなく、なんと2週間もの長期間、レンタルできるという画期的なサービス!(スカイプ無料講習付き)

抱っこ紐は試着ではなく、生活の中で使って初めて、その良さがわかります。

ベビーラップ検討中の我が家でも、さっそくレンタルサービスを申し込み、2週間しっかりと体験いたしました☆(今まさに返送手続きをしたところ)

そこで今回は、6種類もの抱っこ紐を使い倒してきた私が最終的にたどり着いた、ディディモスベビーラップのレンタルサービスを利用してのレビューと、実際に使ってみたベビーラップの感想をお伝えいたします(*^^*)

かなり詳細にレビューしています☆購入・検討されている方、ベビーラップを初めて知った方などの抱っこ紐選びのお役に立てれば幸いです(*^^*)



スポンサーリンク

ディディモス(didymos)のレンタルサービスを使ってみた

ディディモスのレンタルサービスとは?

ディディモスでは、抱っこ紐メーカーとしては珍しいレンタルサービスを導入しています。

公式サイトから申し込むことができ、支払い完了後(2週間レンタルで1800円)に発送され、1日~2日で自宅に届きます。

すっごくワクワクしていたので、届くのがとても楽しみでした(*´ω`*)

届いたレンタルセットがこちら↓

上中央の青いボックスに入って届いたセット。ボックスに寄りかかっているのがベビーラップ。

左上から順に、巻き方の説明書・ディディモスの魅力を伝える冊子・巻き方解説DVD・スカイプ講習無料チケット・生地見本4枚(申し込み時に見本希望との旨を伝えました)・ベビーウェアリングについて伝えるパンフレット・洗濯、取り扱い説明…といったセット内容です。

こんなに盛りだくさんに入ってくるとは思っていなかったので、またさらにワクワク(^^♪

レンタルのディディモスはちょっと小さめ…

私が申し込んだときは、レンタルで注文できるサイズは「4」しかありませんでした。

ディディモスのサイズ選びでは、「4」は洋服7号以下。「5」は9~11号、「6」が13~15号。

私はちょうど11号から13号の間くらいの体形。5にするか6にするかで迷っていたので、4だとかなり小さめです。

「まぁ体験だしね。べつにいいか」と思いつつ、説明書やDVDを見ながら使い始めました。

実はディディモスのベビーラップは小さめでも問題ない!けど…

使ってみて驚いたのですが、ディディモスって短いサイズでも全然使えるんですね!

巻き方のバリエーションが豊富にあり、布を多く使う巻き方だと、小さいサイズでは対応できない巻き方もあります。

しかし私がメインとして使っていた巻き方は、比較的短めでできる巻き方だったので、何の不便も感じませんでした☆(息子も2歳半なので新生児巻きをする必要がなかった事もあり)

これはクロスキャリーという巻き方。(生後10週ごろから)

これはおんぶのリュックサックキャリー。(首が座ってから)

この二つはかなりヘビロテでやっていた巻き方。

しかし新生児に対応している、ディディモスの中でも最も基本的な巻き方であるラップ&クロスキャリーという巻き方は、生地を多く使用する巻き方のため、私の体形に「4」のサイズでは正しく出来ませんでした(^^;

ディディモスの基本とも言えるラップ&クロスキャリーは安定性・体重分散性に優れていて、ベビーラップ独特の「布の引き締め」に慣れるのにも適した巻き方です。

ラップ&クロスキャリーの巻き方(生まれてすぐから)

巻き方の手順が多いため、ここでつまずいて挫折してしまう方もいると思いますが、ラップ&クロスキャリーに慣れると、他の巻き方のイメージもつかみやすく、手順の少ない巻き方がより簡単に感じると思います。

ラップ&クロスキャリー以外にも、新生児対応の巻き方で「カンガルーキャリー」という方法があり、カンガルーキャリーはラップ&クロスキャリーに比べるとかなり簡単でシンプル。

カンガルーキャリー完成図↓(抱いているのは我が家のカワウソ君)

カンガルーキャリーの巻き方↓(うまれてすぐから)

カンガルーキャリーなら短い「4」サイズのベビーラップでも巻くことができました☆

ベビーラップって

手順が多くて難しい巻き方を、赤ちゃんを抱いたり降ろしたりする度に、毎回最初から巻きなおさなくてはならない…

というイメージがありますよね。

しかしディディモスを2週間使ってみて、実はそうではないということがわかりました☆

手順の多い巻き方は、より安定性と体重の分散に優れている巻き方が多いですが、その他にも少ない手順でシンプルに巻いたり、あらかじめ巻いておいてから子どもを入れたりできる巻き方など、知れば知るほど「ラクに使いこなせる選択肢」が多彩にあるんだと実感できたのでした!

ディディモスは巻き方によって体系差をカバーできる

今回たまたま短いサイズを体験したことで、巻き方による可能性の幅を理解する事ができました。

これって、実は「夫婦間での体形差」のカバーにも応用できるんです!

ディディモスの公式サイトでは「夫婦の体形差が2サイズ以上になる場合は、別々での購入をおすすめします」と記載されています。

これは体格差がある場合、必ずしも共用できないということではなく、体形差がある場合「できない巻き方もありますよ」ということなのです。

そのため、ママサイズに合わせて購入したベビーラップの場合、体格差のあるパパが使用する際には、生地を多く使用する巻き方はできないけれど、カンガルーキャリーやクロスキャリーなど、シンプルで短めの巻き方ならできるということになります。

「メインで使うのはママだけど、たまにはパパにもお願いしたい…」と悩んでいるご家庭がある場合は、こういう考え方での解決法もあると参考にして頂けると嬉しいです☆

そうは言っても限度がありますので、パパがかなり大きい場合や、ママがかなり小柄な場合などは、ご購入の前にお互いのサイズを採寸するなどして、ディディモスに直接問い合わせることをおすすめします。

ディディモス公式サイトはこちら↓

私のディディモス☆お気に入り巻きの解説

それではここで、私がこの2週間で「この巻き方いいな!」と思ったものを、写真でサクッと紹介していきます。

詳しく見るならぜひ本家ディディモスのサイトから動画や説明書をご覧いただきたいと思いますが、動画とか面倒…って感じる人けっこう多いですよね(^^;

私もそうなので、写真の流れで「意外と簡単にできそう!」という雰囲気だけつかんでもらえればと思います☆

最初に巻いて入れるだけ!クロスキャリー

私がこの2週間で一番多く使っていた巻き方がクロスキャリー。

さきほども出ましたがこの写真です。

まず、長さに少し左右差をつけて首にかける。

左右差を保ちつつ、首の後ろ部分を腰のあたりまでたらす。

胸の前でクロスにする。ギチっとしないでゆるっとでOK。

さっき腰までたらした輪に手を入れて、長い方の布をつかんで…

通す。

残ってた短い方と結ぶ。

これで準備は完了☆あとはこのままベビーを入れたり出したりできるので、とってもらくちんな巻き方です☆

ベビーを入れる時はベビーを肩にかついで…(スリングの装着方法と似ています)

クロスの内側にある方の布をベビーのお尻から背中に広げる。

このときひざの裏までしっかり広げるのがポイント。細かい部分はディディモスの説明動画をご覧ください。

外側にあるほうの布も同じように広げる。

これで完成!

実際に息子を入れているのがこちら。

肩紐はシンプルにそのままでもいいですし…

ぐいっと折り返したりすると、肩にかかる荷重のポイントが変わるため、肩がつらくなってきた場合も対処できます。

後ろ姿はこんなかんじ。中央がねじるような形でクロスになっているので、他の巻き方に比べると背中の体重分散率は低めですが、なんといっても出し入れがラクなのが魅力的です。

「赤ちゃんを抱きながら巻くなんてムリ!」と思っている不器用ママも、最初から巻いておいて、ベビーを入れるだけのクロスキャリーならチャレンジしやすいですよ☆

そしてこのクロスキャリーには、抱っこをもっとラクにする裏ワザもあります!こちらも合わせてご覧ください↓

ディディモスを2週間使って、実際どうだった?

この2週間、ディディモスを使い倒させてもらいましたが、正直なところ…

もう手放せなくなりました!

最近息子は、朝起きてのグズグズが長時間続き、私がつきっきりで授乳していないとダメ。

そのため朝食の支度などもなかなか出来ず、しかたなく夫に協力してもらい、出勤前の自分の食事やお弁当などは、夫が自分で作ってくれていました。

スリングもエルゴも家にはありますが、やっぱり息子を抱きながら家事をするまでの機能性には至らず、夫が寝坊すると、朝食も取らずに出勤させてしまうなど、もどかしい日々でした。

しかしディディモスなら体に合わせて調節も自由自在!息子を理想的な高い位置で抱っこすることができ、これまではかなり困難だった水仕事や料理なども、ちょっと頑張ればできてしまいます!

ちょっとわかりにくいですけど、これ見えますか?

これはうちの洗面台なんですが、息子のお尻が洗面台の上を通過できているのがわかるでしょうか!?

これ、普通の抱っこ紐だと、赤ちゃんのお尻が洗面台のでっぱりにぶつかって、ママの手が洗面台の中まで届かないんです。(キッチンシンクも同様)

ここをクリアできることで、今までの抱っこ紐では不可能だった水仕事が、ディディモスを使うことで可能になるんです!

これは育児中の家事の革命ですよ!

ホラ!こんな風に洗い物もできちゃいます!

また、この機能も重要ですね!

布幅が広く、生地に程よい摩擦のあるディディモスは、ベビーの頭をしっかりホールドしてくれます。

伸縮性があってツルンとした生地やサラサラした生地だと、ベビーの頭が動くとすぐにスルッと出てきてしまい、頭ガックンになって危険。

このホールド力が高いことで

こんな動きもできちゃいます!これ両手使ってるのわかりますか!?

普通、抱っこ紐を使用した状態で前かがみになる場合は、片手で赤ちゃんの首を支えていないといけないため、抱っこしながら前かがみで両手を使うという作業は、これまで不可能でした。(できたとしてもすごく大変)

これが可能になるって本当に感動!

ただし、腰にかなりの負担がかかります!抱っこしながらの前かがみには腰を痛めないコツがあるんですよ☆

腰を痛めない抱っこ紐前かがみのコツ

まず、普通に前かがみになるとこんな感じになります。

この姿勢って、ベビーを抱かない状態でも、上半身の重さを腰の一点で支えるため、ギックリ腰や腰痛のもとになります。

そこにベビーの重さもプラスされると、あっという間にママの腰を崩壊させます。

正しい前かがみの姿勢はこちら。

ちょっとカッコ悪いですが、お尻をしっかり後ろに突き出して、背筋を伸ばした状態で姿勢を落とすようにしましょう。(へっぴり腰をイメージすると簡単です☆)

この姿勢をとることで、腰にかかっていた負担は太ももへ移動するため、腰の負担が劇的に軽くなります。

その上この姿勢は、正しいスクワットの姿勢にも似ているため、ママの筋力強化や産後太りの解消にも効果的ですよ☆下半身の筋力がアップすることで基礎代謝が上がるため、痩せやすい体づくりにも!

みんなが気になっているディディモスのアレ

ベビーラップ検討中の方が気になるのが「布が地面についちゃうんじゃない?」ということではないでしょうか。

先ほどからも全身写真で説明しているのでおわかりかと思いますが、私の体形にしては短めの「4」サイズでも、巻く際には地面につきます。

このとおり↓

これはねー…もうしょうがないです(笑)

対策を取るとしたら、ベンチのある所で巻くとか…

あと、おんぶのときに私がやっていたのがコレ(笑)

布の先端を足に挟んじゃいます!

でもまったく地面につかないというのはほぼ不可能ですね。最初に布を広げる時点でついてしまうと思うので。雨上がりの泥の上とかじゃない限り「気にしない」しかないと思います(^^;

ディディモスの講習会などでアドバイザーの方に聞くと、良い対処法を知っているかもしれませんね(^^♪

ディディモスの講習会情報はこちら↓

<2017年11月13日追記>

先日参加したボバラップのお試し抱っこ会にて、アドバイザーさんから「布の端を適度に束ねて、軽く結んでおくと良い」という対処法を教えてもらいました☆

それでも「これくらいのデメリットなんて目に入らない!」と思えるくらい、ディディモスでの完璧な密着抱っこは私にとって衝撃的で魅力的でした。

結局のところ…ディディモスを買いますか?

これだけ絶賛しているんですから、私の中ではもう買うことは決定です(*^^*)

レンタルサービス中にディディモスを注文すると、商品の到着までレンタル期間を伸ばしてくれるサービスもあります☆

しかし、私は今回は期日通りに返送。その理由は…

どのデザインにするか決められないから

です(^^;

ディディモスのベビーラップってすごくデザインが豊富で、布の厚みや重さの違い、限定品やコラボアイテム、麻やシルクを織り込んだ生地などたくさんの種類があるのです!

ディディモス商品一覧↓

公式サイトを熟読して見比べてはいますが、なかなか決めかねています。

というのも、ディディモスのベビーラップはベビーキャリーやスリングに比べて、全身に占める布の割合が多いため、抱っこ紐というよりファッションの一部と化してしまう印象があります。

エルゴと見比べてみましょう。

このとおり。

色のインパクトもあるかもしれませんが、あきらかに体に占める布の割合が、ベビーラップの方が大きいのがわかります。

たとえるなら、エルゴのようなベビーキャリーはリュックサックなどの小物の延長。

それに対してベビーラップは洋服の延長であると言えます。

こう考えると、赤ちゃんをまとうように育てる「ベビーウェアリング(ベビーを着る)」という表現はとてもうまい表現だなーと思います。

そのため、巻き方や色のチョイスによって、よりファッショナブルな楽しみ方をできるのが、ディディモスの魅力のひとつ。しかしだからこそ自分に似合うのがどれなのかで、迷ってしまっているのです(笑)

ディディモスの講習会・体験会を活用して商品に触れよう

そんな迷える私が見つけたのが、ディディモスのワークショップイベント!

だっこやおんぶの講習会とともに、抱っこ体験会があり、体験会では実際のアイテムを見比べることができるとの事なので、ぜひ参加してみたいと思っています☆

無料ではありませんが、体験会は1000円で参加可能。そのほか抱っこ基礎クラス・個別相談クラス・おんぶ基礎クラスなど講習内容が分かれていて、各クラスごとに料金が決められています。

関東で開催されるワークショップは、一番近いもので11月28日。詳しくは公式ブログの講習会情報をご覧ください↓

自由自在ってこんなに軽い!ディディモスは子どもが大きくなるほどに魅力を増す

私がベビーラップの存在を知ってから、迷いに迷ってレンタルサービスの存在を知り、2年越しでやっと手に取ったディディモス。2週間使ってみて、抱っこのラクさ、機動力の高さには本当に驚きです!

今まで、抱っこで体が痛くなるのは「母親なんだから仕方ないこと」だと思っていましたが、1枚布で自由自在に調節のできるディディモスを使ってみたら、布の引き締め方や生地の幅を利用した体重分散によって、いくらでも自分がラクなようにできるものなんだ!ということを知りました。

まるでオーダーメイドのように完璧にフィットした抱き方は非常に軽く、今まで使ってきた抱っこ紐たちと比べると、体の負担は段違い!

正直今は「こんなにラクなら最初からこれ買えばよかった…」と思っています。



スポンサーリンク

なので「巻くのが難しい」という理由だけでディディモスをあきらめてしまったり、購入したのに挫折する人がいるのは非常にもったいないと思います。

もちろん最初の数回は、慣れていないためへたくそで、赤ちゃんも嫌がりますし、生地もゆるゆるで「こんなんでいいの?」というのが続きます(笑)

しかし、そこであきらめてほしくないからこそ、ディディモスのレンタル期間は2週間という長期間を設定しているのだそうです。無料スカイプ講習のサービスなどもそこに通じる部分。

たしかに「バックルとめるだけ!」「肩にかけるだけ!」といった抱っこ紐に比べると、装着は大変です。赤ちゃんがぐずって一分一秒でも早く抱きたいときに、慣れないベビーラップではもどかしく、イライラするかもしれません。

でも人間って、最初はできなくても、何度も繰り返していくことで上達することができます。装着にさえ慣れることができれば、赤ちゃんを抱いているときの軽さや、まるで妊娠中に戻ったように自由に動ける機動力の高さは、他の抱っこ紐では再現できないだろうと思うほど。

装着がラクでも体がつらくなる抱っこ紐と、装着に慣れが必要だけれど疲れにくく、自由自在に動ける抱っこ紐…私はぜひ行動の自由を選びたいです。

それはきっと新生児の時よりも1歳を過ぎてから、1歳よりも2歳を過ぎてから…と子どもが大きく重くなるほどに、その良さ・抱っこの軽さを実感できると思います。

巻き方にさえ慣れてしまえば、まさにコレひとつで何歳まででも使えるディディモスは、最強の抱っこ紐だと私は思っています!

とくにワンオペ育児のママ・パパには絶対に使ってほしいです!ワンオペ育児の多忙な生活の中だと「装着に時間が掛かるのはちょっと…」と思いがちですが

装着に要する数分よりも、赤ちゃんを抱っこしたまま家事をガンガンこなせる数時間の方が、よっぽど価値ある時間だと思います!

ベビーキャリーやスリングなど、6種類もの抱っこ紐を所持する私のこの意見は、信頼できるものだと思っています☆

きっと色々な便利アイテムを経験すると、結局のところ原点である一枚布の良さにたどり着くものなんですね。

私がどのベビーラップをチョイスしたかは、実際に商品が届いたときにまたお伝えしたいと思いますのでお楽しみに(*^^*)

かなり詳細で細かいレビューだったので長かったと思いますが、最後まで読んでくださった方、ありがとうございます☆

私の経験を記したこの記事が、たくさんの方の育児をラクにする、抱っこ紐選びに活かされれば幸いです☆

最後になりましたが、これはあくまでも私の個人的な感想であり、全ての方にディディモスが最善であることを保証・強要するものではありません。情報が少なすぎるベビーラップ選びの中で、商品に触れた消費者としての貴重な経験を、ひとつの情報として活かして頂ければ嬉しいです(*^^*)

ディディモスのレンタル体験をふまえて、ボバラップのお試し抱っこ会に参加してみました☆新製品のバンブーも体験!↓

ディディモスとボバラップの徹底比較も合わせてご覧ください↓

私のこれまでの抱っこ紐体験記【baymeの抱っこ紐おぼえがき】シリーズはこちらからご覧ください↓



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の男の子を育てる1児の母。 結婚前はエステティシャンとして勤務。人体についての学びに楽しみを感じ、資格取得を目指すも結婚とともに引退。 産後、母乳育児の悩みや子どものアトピーを機に育児情報を調べ始め、個々の成長や悩みは違うのに、ネットに出ている主な記事は同じようなものばかりであることに不満を感じる。 不満を感じながらも学び続けた経験を、同じように悩むママたちの役に立てたいと、ブログ「mamabay blog」を開設。