ボバキャリアの装着が激ムズすぎる件…初心者向けのベビーキャリー装着法とコンパクト収納術

ボバラップでおなじみ「boba」のベビーキャリー、ボバキャリア。

先日、ボバラップを試着しに行った体験会でたまたま試したところ、あまりにも優秀なベビーキャリーだったため、前回の記事で徹底解説させて頂きました。

前回の記事はこちら↓

ボバキャリアについて詳しく調べていくと、実はボバキャリアの装着動画が激ムズすぎると話題になっていました。

本来抱っこ紐の使用方法は、特殊なタイプでない限り、赤ちゃんの安全さえ確保されていればママがやりやすい方法に変えても何ら問題ありません。

しかし、核家族家庭が当たり前の現代。

「こうすればもっとラクだよ!」と教えてくれる人のいない状況では、与えられたマニュアルに固執してしまい、せっかくの秀逸なアイテムを使いこなせずに挫折してしまうパターンも多くあります。

そんなのもったいなさすぎる!!(つД`)

ということで、今回はボバキャリアの激ムズ装着に悩む方に見てほしい、もっと簡単な抱っこ紐の装着法と「わからない」との声が多かったベビーキャリーをコンパクトにまとめる収納術をお伝えします☆

なお、今回ご紹介する装着法は、ベビーキャリーを使い慣れた方からすれば「今更聞くまでもない当たり前の方法」です。しかし、これを知らずに四苦八苦している方が意外にも多い事を知りましたので、ボバが推奨している激ムズ動画と合わせて、あえて詳しく解説いたします。どうぞお付き合いくださいませ(*^^*)



スポンサーリンク

ボバキャリアの装着が激ムズすぎる?初心者向け装着法と、かさばるベビーキャリーの収納術

メーカー推奨の激ムズ装着動画

ボバキャリアのメーカーであるボバでは、ホームページで装着マニュアル動画を公開しているのですが、これが「難しすぎる!」と話題になっています。

その動画がこちら↓

おそらく首の座っていない新生児を抱っこ紐に入れる際の、安全性などを考慮した装着法だとは思いますが、これはさすがに抱っこ紐マニアの私でも難しいなーと思います(^^;

動画をわざわざ見るのがおっくうな方に、ざっくり写真でご説明しますね☆説明に使用するのはエルゴですがご容赦ください(^^;

ボバキャリアの装着動画では、まず最初にママの体にベビーキャリーを完全に装着してしまいます。(調節ベルトなどはかなりゆるめた状態)

腰ベルトも背中バックルもとめてしまいます。

その状態で、スリングに赤ちゃんを滑り込ませる要領で、肩に担いでボバキャリアの中へ。

上から滑り込ませながら調節…

最後に肩ベルトや背中バックルを引き締め、サイズを合わせて完成。

…イヤイヤ難しすぎますから!(;´д`)

ある程度首も腰も座って、扱いやすくなった赤ちゃんならまだしも…ぐにゃぐにゃの新生児にこれは難易度が高すぎます。

たしかにエルゴに比べて、ボバキャリアのベルト調節はかなりスムーズでしたが、それにしても毎回これをやるのはちょっと大変。

そこで今回解説するのは、多くのママが実践している最も実用的なベビーキャリーの装着法です☆

ベビーキャリー初心者もOK!超実用的ボバキャリア装着法

まずはボバキャリアの腰ベルトのみ装着しましょう。あまり低くならないよう、ウエストラインあたりで締めるのがおすすめです☆こちらも説明に使用するのはエルゴのため、あくまでイメージでご覧ください。

腰ベルトをとめると、ベルトの上に赤ちゃんの腰掛けになるインサートが乗ります。

ネット上のレビューで「使用方法を間違って、腰ベルトと自分のお腹の間にインサートをしまい込んでいた」という声もありました。

インサートは、生まれたばかりの小さい赤ちゃんが、抱っこ紐の中で苦しくならないよう底上げするためのものです。かならず腰ベルトの上に出し、赤ちゃんのお尻を乗せられるように使用しましょう。

赤ちゃんをインサートの上に座らせます。(生まれたての新生児は足があまり開かないので、インサートを半分に折り、スナップボタンで留めて使用)

首も腰も座っていないうちは、ママが少し腰を前に出し、上体を反らせると赤ちゃんが安定しやすいです。腰を痛めないように注意。

片手で赤ちゃんを支えながら、片方の肩紐を肩にかける。

支えの手を変えて、逆の肩紐も肩にかける。

肩紐が下がらないように注意し、背中のバックルをとめる。

これで完了です!

動画で説明されている方法よりも圧倒的に手軽です☆

最初の1回目のみ、家族の方などに手伝ってもらって、ベルトをジャストサイズに調整しましょう。

理想的な抱っこ位置の目安は、赤ちゃんのおでこにキスができる高さ☆

完成見本図↑2歳半の息子では新生児のイメージに遠くてスミマセン…でも頭の位置はこのくらいの高さです☆

ボバキャリアで調節ができるのは、肩ベルトと脇腹部分のベルト、それと背中バックルです。

↑脇腹部分のベルト

肩ベルトと脇腹のベルトがゆるい状態だと、赤ちゃんが入る袋部分が大きすぎ、赤ちゃんが中に落ち込んでしまって危険です。

産後のカンガルーケアのように、ぴったりとした密着抱っこをイメージしつつ、キャリアからしっかり顔が出て、ママがおでこにキスできる状態を目指しましょう。

背中バックルは、長さだけでなく上下のベルト位置も調節可能です。体が硬い人は、自分一人でも背中バックルをとめられる高い位置にセットしておくと良いでしょう(^^)

これはおんぶの状態。

これらを最初の1回目でセットしてしまえば、毎回ベルト調節をし直す必要がありません☆

立った状態での装着が不安な場合は、立ち膝やソファーに座った状態でなど、姿勢を工夫することでよりラクに抱けると思います。

ボバキャリアのカンタン収納術

装着法が難しいという声とともに、もう一つ多かったのが「収納袋への収納方法がわからず苦労した」という声。

私もエルゴを買って一年以上は上手なたたみ方を知らなかったため、置き場に困り、バサッと広げたまま壁にかけたりしていました(^^;

しかし、知ってしまえばかなり簡単でコンパクトになる方法なので、ご紹介させていただきますね☆

外した状態でまとめる方法

まずはベビーキャリーを外してスタンバイ。

肩ひもを両方折りたたむ。

肩ひもごと丸めていく。

腰ベルトも折りたたむ。

ボバキャリア の場合は、この状態で収納袋に入れればOK☆

エルゴの場合は専用のカバーが販売されていますし、ハンドメイドをする方なら、ボバキャリアサイズに合わせて作る、ウエストポーチ風の収納カバーも簡単に作れますよ!

ボバキャリアはエルゴよりもだいぶコンパクトなので、市販のエルゴカバーだと少し大きいと思います。

ボバキャリア用のハンドメイドカバーを実際に作った方のブログ記事をご紹介しますね☆↓

ウエストポーチ風カバーなら、装着時もつけっぱなしにしておくと、ベビーが降りた時にすぐ収納できて便利☆

赤ちゃんが歩くようになると「抱っこ」と「歩く」をちょこちょこ繰り返すので、ウエストポーチカバーはかなり活躍しますよ!

装着した状態での収納方法

ウエストポーチ風カバーにまとめるならこの方法。

私の場合は、つけっぱなしにできるタイプではなかったんですが、腰ベルト部分にカバーをあらかじめ挟んで使用していました。

こんな風に↑

本体を持ち上げて…

肩ひもを外側に折りたたむ。

そのまま丸めていく。

キツめに巻くと、よりコンパクトになります。

ウエストポーチ状にまとまったベビーキャリーに、カバーをかけてボタンでとめれば完成☆

ちなみに私が大好きなハンドメイド作家さん☆オーダーの注文も受けているので、好みの生地やサイズを指定すれば作ってもらえますよ(o^^o)

ハンドメイドショップTOMOM↓

ボバキャリアでおんぶする場合は?

これも悩みますねー。ボバキャリアやエルゴは、おんぶサポート的なパーツが付いていないため、「赤ちゃんを抱っこ紐に固定してからリュックのように背負う」ということはできません。

そのため、基本的な方法としては、説明動画と同じような方法しかありません。

何か対策を取るとすれば、万が一赤ちゃんが落ちてしまっても危険がないように、ソファに座りながら行うとか、床にしゃがんで行うとか…。

要は赤ちゃんを背中に乗せて、本体を装着できればOKなので、細かい部分にまでこだわる必要はありませんが。

もしベビーキャリーでのおんぶが怖くてできない場合には、首が座って間もないうちは昔ながらのおんぶ紐を使うのもひとつの方法です☆

昔ながらのおんぶ紐は価格的にも手ごろで、慣れればかなり扱いやすいので、買い足しのサブアイテムにオススメですよ!

昔ながらのおんぶ紐については、こちらをご覧ください↓

ボバキャリアだと、おんぶ紐と同じ高さでの知育おんぶが可能なので、わざわざおんぶ紐を買い足すのは少しもったいない気もしますよね(^^;

ボバキャリアなら昔ながらのおんぶ紐と同じ、高い位置でのおんぶが可能!

でも、自分が「安全にできない」と思ったら、手の届く範囲でツールを買い足すのは、育児を快適にする上手な選択ですよ☆

ちなみに…おんぶの装着を上達したいと思ったら、ツールを使用しない、シンプルな手で支えるおんぶを日常的に取り入れてみるのもおすすめ☆

基本的な体の使い方、体重の支え方が身につけば、抱っこ紐を使った時に「どういう姿勢、どういう高さがラクなのか」ということがわかるので、ベビーキャリーでのおんぶでも、恐怖感を感じにくくなりますよ!

また、生後6ヶ月を過ぎる頃には、腰も座りはじめます。体がしっかりしてくればベビーも扱いやすくなるので、自然とおんぶもしやすくなっていきますよ(^^)


スポンサーリンク

ボバキャリアはかなり優秀なベビーキャリア!だからこそ使いこなしてほしい!

これまで様々な抱っこ紐を経験し、色々と調べてもきた私ですが、ボバキャリアはその中でも、価格的・機能的にかなり優秀だと思えるベビーキャリアでした!

そのため「説明書がわかりにくい」「装着法が難しい」という理由で、使いこなせずに終わってしまうのは非常にもったいないです!

今回お伝えしたポイントを押さえて使っていただければ、他のベビーキャリーに劣る部分はほぼ無いと思います。

抱っこ紐マニアの私が見た、ボバキャリアの良い点・悪い点はこちらの記事をご覧ください↓

機能・コスパともに優秀なボバキャリアを存分に使いこなして、子育てをラクに楽しくしていきましょう(*^^*)

私がこれまで使用してきた抱っこ紐のレビューや、現在比較検討中のベビーラップの情報などはこちらからどうぞ↓

こちらの記事もおすすめです↓



スポンサーリンク

なお今回の記事は、多くのママが実践している、比較的簡単な抱っこ紐装着法を紹介するものであり、ボバで推奨している装着法を批判・否定するものでも、紹介した方法が絶対的に安全であると証明するものでもありません。

ボバの提案する方法も、赤ちゃんとママの安全のために考え抜かれた装着法だと思うので、より安全性を求める方は、ぜひ練習してマスターしていただければと思います

ご自身のより快適な育児のための、ひとつの情報としてお役立ていただければ幸いです(*^^*)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の男の子を育てる1児の母。 結婚前はエステティシャンとして勤務。人体についての学びに楽しみを感じ、資格取得を目指すも結婚とともに引退。 産後、母乳育児の悩みや子どものアトピーを機に育児情報を調べ始め、個々の成長や悩みは違うのに、ネットに出ている主な記事は同じようなものばかりであることに不満を感じる。 不満を感じながらも学び続けた経験を、同じように悩むママたちの役に立てたいと、ブログ「mamabay blog」を開設。