年末の近況と新たな試み

先日、facebookの方にこんな投稿を載せました↑

2017年も残すところあとわずかとなりましたが、ここへ来て「おっ、なんだか色々動き出したぞ♪」と思うことが起こり始めているので、この年末の近況と合わせてご報告いたします☆



スポンサーリンク

baymeの近況と新たな試みとは…?

なにか壮大なものが始まった??

私がこの年末に始めた新たな試み…

単刀直入に結論から入ると、

私、ミミカフェで働くことになりました!(*^^*)

 

( ゚Д゚)!!

???

 

というリアクションを予想しておりますがいかがでしょうか(笑)

そうなんです、私先日からミミカフェで働き始めました♡

最近ミミカフェのミミさんのブログに「新人スタッフのまこちゃん」が登場しているのですが、これ実は私( *´艸`)↓

「じゃあブログやめちゃうの?」

とご心配して下さる方がいらしたらうれしいですが、もちろんブログはやめたりはしませんし、やめる予定もありません☆

これは私のライフワークの一つだと思っているので、ずっと続けていくつもりです。

それではどうしてこうなったのか、少しお話したいと思います(*^^*)

仕事はしないとなぁ~と思っていたこと

以前、初めてミミカフェに行った時の記事で、私の今の家庭の状況についてお伝えした事がありますが、このブログは、のんびりとしたお楽しみで始めたブログではありません。

我が家の詳しい事情についてはこちらの記事をどうぞ↓

私には以前から、ネットにあふれた不必要な育児情報に対する不満があり、自分が実際に「知って良かった」「他の人にも役立つ情報だ」と思えたものを発信していきたいという想いを持っていました。

しかし自分がブログで結果を出せるなんて思ってもいなかったし、自分が情報を発信したところで必要としてくれている人なんているんだろうか…という自信のなさや、初期費用、ブログ開設への不安などもあり、ずっと先送りにしていました。

ところが夫の転職が決まった事で、確実に経済危機に瀕するであろう我が家を支えるため、私はブログ運営に踏み切る形となりました。

それまでは企業の下請けライターとして在宅ワークで活動していた私ですが、かけもちの状態ではまったくブログの基盤づくりが進みません。

夫の収入が激減した場合、私が多少アルバイトしたくらいではまかないきれない可能性を視野に入れ、思い切ってブログ一本に絞り、少しでも早く結果を出す道を選ぶことにしたのです。

「ブログなんかでお金になるの?」と思う方も多いかもしれませんが、ブログ運営はしっかり軌道に乗れば、一般主婦でも月30万円くらい夢ではありません。それもある程度の基盤ができてしまえば、Googleの検索を通して絶えず読者が訪れるブログになるので、そのブログ自体が資産になるのです。

ブログ開設の際、私が参考にしたのがこちら↓ブログ収入の仕組みがとても分かりやすく、初期費用もかなり抑えての開設が可能です☆ブログ運営コンサルもされている方なので、難しい部分の代行なども依頼することができます☆

 

2017年の8月中旬からブログ運営を始め、年明けには約半年が経ちます。

「無収入で頑張るのは半年までにしよう」と漠然と思っていたので、そろそろ何か仕事をしないとな~とは考えていました。

しかし、自分が書きたいことを自由に書ける、自己表現の楽しさを知ってしまった私にとって、規則や基準に縛られ、納得いかないテーマでも書かなければならない下請けライターに戻るという選択はもうありませんでした。

自己表現を仕事にしている方はみんなそうだと思いますが「作家の一文字、血の一滴」と言われるように、私が書く文章も、自分の一部分であるように感じています。

そのため、自分のポリシーに反するものや納得のいかない内容には気持ちが入らず、書き上げるのが苦痛で仕方ありません。例えば、私は「化学調味料・化学食品添加物は危険だ」と思っているのに「化学食品添加物の安全性・使用を推奨する」をテーマにした記事を書くことはできません。でも書かなくてはならないのが下請けライターなのです。

じゃあ仕事どうする…?と思っていた時に舞い込んできたのが「ミミカフェスタッフ募集」のお知らせ(*^^*)

ミミカフェと私

ミミカフェに初めて訪れたのは先月のこと。当時のことは、上記で紹介した記事に詳しく書かれていますのでここでは割愛いたします。↑

それ以来すっかりミミさんに惚れ込んでしまった私(*^^*)初めてのメソッドから様々な変化を感じたこともあり、ブログ運営成功のため、ミミさんのメソッドを受けに数回通っていました。

初回のメソッドは漠然と自分の中にあった「ブログで成功なんてできない」というブロックを取り除くため。

それ以降は、お金に対するネガティブな潜在意識を、ポジティブに繋ぎなおしていくため「お金のメソッド」をお願いしていました。

自分自身のエネルギーを高めるための気功体操も、夫と一緒に受けています(*^^*)

夫と気功体操に訪れたときのこと。ミミさんが一緒に働いているお母さん(ミミママ)とケンカになり「ミミママが仕事放棄して帰っちゃった!」という場面に私たちが偶然遭遇しました(笑)

そのときもミミさんは「スタッフさん入れなきゃな~」とは言っていましたが、まさか自分が働くことになるとはこの時思ってもいませんでした。

それから数日後のこと。私は翌日ミミさんのメソッドを受ける予定になっていました。

いつもミミカフェのブログを楽しみに読んでいる私が、そのとき見たのがこちらの記事↓

なんだか「ピピピっ」とアンテナが反応したのを感じました。

ミミカフェで役立つ私の経歴

アンテナが反応したのには理由があり、それは私のこれまでの職歴。

私は新卒で地元ホテルに就職しており、新社会人から約2年間ホテルスタッフとして勤務しました。そして配属先はレストラン勤務。

私が勤めていたホテルは田舎のホテルでしたが、中途半端なシティホテルには負けないくらい、礼儀作法や立ち振る舞いには厳しい教育方針でした。

中でもレストラン勤務の新人教育は厳しく、そのおかげもあって、その後の私の社会生活で十分に役立つ礼儀作法が身についたと思っています。

結婚前にはホテルスパのエステスタッフとして働いていて、ここでもホテル接客が活かされることになりました。

その経験のおかげで、私はお客様と接することに何の抵抗もありません。18歳で初めてお客様の前に出たときは、水を置くのも怖くて手が震えたものでしたが…(笑)

クレーム処理はいまだに苦手ですが、カフェでのホール業務や、バックヤードでのスイーツ作りなど、私の経験に共通する部分がミミカフェに多くあること、そして大好きなミミカフェのために

「私、役に立てると思う!」

と思ったのです☆

でも私はブログで成功したい…迷い

その時に引っかかったのが

「私はブログで成功したいと思っているのに、働きに出たりしていいの?」

という迷いでした。

働かなければならないとも思っていましたが「なんとかやりくりして、もう少しブログに集中することもできるんじゃないか」と考えている自分がいたり

「働きに出たら、ブログをおろそかにしてしまうんじゃないか」

という気持ちもありました。

でも最終的に信じたのは自分の直感。

「それでも私、ミミカフェで働きたいかも」

なんだか呼ばれている気がする…という自分の気持ちがあったので、翌日メソッドでミミさんに会うので、相談してみようと思いました。

縁があるとき、コトはトントン拍子で進む

翌日ミミさんに相談すると、話はもうトントン拍子に進み、結局「じゃあ明日から来ます」という運びになりました(笑)

私の迷いはというと、ミミさんに相談するまでもなくいつの間にか消えていて

「ここで働くって、自分の中ではもう決まっていたんだな」

と確信し、迷いの気持ちは「状況が変化することへの単なる恐怖」だったんだと思いました。

状況が動き出すと同時に、私の思考も前向きに変化していき

「結果の出ていないブログに執着しすぎるよりも、並走して集中できる仕事があった方がメリハリが出て、結果的に良い方向に進むんじゃないか」

という気持ちに変わりました。

そして何よりすごいのが、ミミカフェで働き始めてからというもの、周りから「可愛い!」と言われることが多くなったのです!

facebookに投稿した写真もミミカフェ出勤前に撮ったものですが、自分で見ても「奇跡の一枚」か!?と思うくらい良いエネルギーを放っていると思います(笑)

↑ミミカフェ仕様の私♡お店の雰囲気を壊したくないので、できるだけ馴染めるように仕上げてみたら、これが好評(*^^*)

夫にも「やっぱり外に働きに出ると可愛くなるな~」と言われました(笑)

夫はもともと、私が仕事でイキイキするのを知っていたので「結婚してもやりたい仕事があったらずっと働いていてほしい」と言ってくれていました。

また、ミミさんにそれを話したところメソッドの効果も大きいようで、メソッドで自分が解放されていくことで表情や顔も変わっていくと。

確かに心の変化で別人のように見えることって少なくないですよね。彼氏が出来ると、周りから見てもわかるくらいキレイになる子とかいましたし☆

そして、メソッドを複数回受けている私の直感が求めていた通り、ミミカフェで働いて「良かった!」と思えたのが…

やっぱり私、接客が好き!

ということに気付けたこと。

新卒でホテルに就職したときは、学生生活で夢や希望を何も見つけられず「接客ぐらいならできそうだな」と思っていた私。

でも、働き始めて「私、接客が好きだな」って思いました。お客様が喜んでくれたり、常連の方と仲良くなったり、感謝されたり…

お客様を怒らせて悔しい思いをする事もありましたが、逆に涙が出るほど嬉しい言葉を頂いたこともたくさんありました。

仕事自体は大好きでしたが、そこに会社組織のしがらみや職場の人間関係、恐ろしいクレーマーなどが絡んできて、どんどん仕事がいやになっていく自分がいました。

もともと正義感が強いタイプで「納得のできないものは呑めない」という性格なので、納得のいかない環境で働き続けることは苦痛でしかありませんでした。

エステスタッフとして働いていた時もそうでした。

たくさんの指名をもらい、自分を選んで来てくれるお客様がいるなんて、すごく幸せでやりがいにあふれていました。

でも会社組織の一方的な方針を押し付けられることや、利益を優先してスタッフやお客様を無視するような部分が見え始めると「こんな会社のためにがんばりたくない」と途端に仕事が嫌になってしまいました。

さらにこの業界で、利益を優先してスタッフへの配慮を欠けば、エステスタッフは体を壊して働けなくなります。

スタッフへの配慮がない現場は、休憩も考えずにコースを詰め込むため、体がもたなくなるためです。スタッフからしてみれば「自分は、壊れれば入れ替えの効く駒でしかないんだ」と感じ、会社への不信感をもつ原因になります。

私も実際に腰を悪くし、会社への不信感、スタッフをまとめる負担の大きさも重なり、仕事に限界を感じてしまいました。

ちょうどその時に結婚が決まったので、良いタイミングで退職することができましたが、それ以降「人間と関わる仕事はもうしたくない」と思うようになってしまいまいした。

子どもが産まれ、在宅ワークを始めると、他人と関わらなくていい気楽さに「一人ってなんてサイコーなんだ!!」と感じていました(笑)

でも在宅ワークを1年経てブログ運営に移り、ひとりで頑張り続けることって気付かぬところで意外に心に負担がかかっていたようでした。

以前にKazzKitchenのカズコさんや、龍のらんぷの直子さんに励ましの言葉を頂いたときに、号泣してしまった事があり

「誰とも関わらないで、誰からも評価してもらえない、自分の立ち位置がわからないことって結構苦しいんだな」

と気付きました。

そしてミミカフェで働き始めて、接客は約5年ぶり!

働きながら

「私はやっぱり接客が好きなんだな~」

としみじみ感じています(笑)

ブログ自体も「誰かの役に立ちたい」と思う気持ちから始まっているものだし、接客で誰かに喜んでもらうことはすごく嬉しい♡

「人と関わりたくない」

と思って遠ざかっていましたが、結局私は人が好きなんですね(*^^*)

そして今は会社のしがらみや、規則やマニュアルに縛られず、大好きなミミカフェのために自分の全力を惜しまず注げています☆

今までは会社に対して不信感や冷めた気持ちを持ち「こんな会社に全力を注ぐなんて馬鹿げてる」という気持ちを持ちながら働くことがほとんどだったので、心置きなく全力で仕事に向かえる今がとっても楽しいです☆

でも全ては無駄じゃありません。無気力で仕事に向き合っていた時間があるからこそ、今の時間がどれだけ素晴らしいかがよくわかります。

「私、もっともっとできる!」と、どんどん向上心をもって進んでいくことができるので、結果として私のマインドを向上させるために、ミミカフェでの仕事は非常に良い役割を果たしているのです☆

そして仕事に入るのも週に2~3日程度。ブログの運営にも何ら差し支えありません(*^^*)

最初に迷いを感じたのは確かですが、結果として、私自身にもブログ運営にも、この選択は最善の効果をもたらしてくれたと思っています☆

夢がなくても大丈夫!すべては必要なプロセスだから

私は33歳にして「ブログ運営」という自分が「やりたいこと」「やるべきことだと思えるもの」に出会うことができました。

でも若いうちはもちろん、私より年上の人であっても、やりたいことを見つけられず、人生の意味を見いだせないでいる人って少なくないと思います。

以前ミミカフェで偶然お会いした人も、私より年上の方でしたが、数年前の私と同じように

「自分に何が向いているかわからない」

「人間関係が嫌になってしまった」

「きっと次の仕事を見つけても、結局苦しい思いをするばかりだと思ってしまう」

「本当はやりがいを感じて、もっと楽しく働ける場を見つけたいのに」

という暗闇の中にいる方でした。

これは私が在宅ワークを始める前に抱いていた気持ちと全く同じ。

「もう仕事なんかしたくない」「でも働かないと…」「仕事が変わる度にどんどん苦しくなるばかりだからもう嫌だ」

そんな風に思っていたので、人と関わらず、得意だった文章力を活かせる仕事ということで、在宅ライターという仕事に出会いました。

学生の頃は「作文なんか書けたところで…」と思っていましたが、今実際こういう形で役に立っています。

学生時代、何の苦労もせずに書いた作文が賞を取ってしまうほど、作文が得意だった私。今思えば十分な特技ですよね!でも当時はそんな風には考えることができませんでした。

そしてなんの夢も見つけられなかったために始めた接客の仕事は、今このタイミングでこんなに素晴らしく活かされ、役立てられています。


スポンサーリンク


どんなに不本意でも、そこで身につけた技術や能力、自分が埋もれさせている才能は、どこでどんな風に花開き、誰を救うかわかりません。

今まさに「貫き通す夢」が見つかっていなくても、今の自分に用意された「必要なプロセス」を地道に積み重ねていけば「貫きたい夢」を見つけたとき、その経験は必ず自分の助けになってくれます。

どんな状況でも「それが自分の人生にとって必要なこと」「自分にとっての最善」です。

「今見つかっていなくても、きっとどこかで見つかる。そのためのプロセスを生きている」

そう信じてほしいって、過去の自分や、重なる想いを持った人に伝えたいですね(*^^*)

 

なんだか想いが爆発して長くなってしまいました(笑)

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます(*^^*)

保育園を支えるチャリティー活動、子どもカレンダーの普及にご協力ください!送料無料で郵送も承ります☆↓

こちらの記事もおすすめです↓



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の男の子を育てる1児の母。 結婚前はエステティシャンとして勤務。人体についての学びに楽しみを感じ、資格取得を目指すも結婚とともに引退。 産後、母乳育児の悩みや子どものアトピーを機に育児情報を調べ始め、個々の成長や悩みは違うのに、ネットに出ている主な記事は同じようなものばかりであることに不満を感じる。 不満を感じながらも学び続けた経験を、同じように悩むママたちの役に立てたいと、ブログ「mamabay blog」を開設。