心の選択で返ってくるもの…「追わなくても来る」ってこういうこと??

前回の記事で、やりたいことをやる!という心の選択について綴ったのですが…

やりたいのについつい先送りにしているワクワクする楽しいことをあえてやるという選択をしてみたところ、早くも自分の周りで色々な変化がありました!

前回の記事で、私が作成したミミカフェのエンブレム☆

これがかなりの反響があり、ミミさんがお店のブログやインスタに載せてくれたことも重なって、各方々からたくさんのリアクションを頂きました!

スポンサーリンク



ホンモノのマコちゃんだ!

外に追わなくても向こうから来る。「得ている」から

ミミカフェエンブレムを公開した翌日には、お店でバイト中に

「わー!本物のマコちゃん!会えてうれしい!」

と言ってもらえたり

「どんな人か気になって、会ってみたかったの」

と声をかけてくれるお客様がいたり…

まさか私がこれを言われる日が来ようとは…

数年前のネクラで人間不信だった自分に聞かせてあげたい(笑)

あなたは「会ってみたかったんです」って言われるような人になるのよー!って(笑)

ネクラで人間不信…単なる自虐とかじゃなく、本当にそうだったんです!他人の目も見られないし、見る必要すらないと思っているようなスレた人でした(笑)キラキラしている目立つ人たちは、自分とは別次元の世界に住んでいて「わたしは向こう側へは行けない人間なんだ」とずっと思っていました。

鏡の法則の原理はよく知られていますが、本当にそうなんだな!っていうことを体感した出来事でした!

今までの私なら

「少しでも早く結果を出すためにブログを書かないと!」

「一分一秒でも惜しい」

「やらなきゃ、やらなきゃ!」

と「やらなければならないこと」にとらわれていました。

でも心の中には「これやってみたい」「こんなの作ってみたい」という創作意欲のような物もあり「でもそれはいつか時間ができた時に…」と先送りにしていました。

でもその日はふと

「ちょっと思い切って、やりたいことやる時間にしよー!!」

「『やらなきゃならない』は一旦お休みします!」

と覚悟を持って切り替えることができて、すると本当にすぐ!翌日がこの状況!

やらなきゃ、やらなきゃ…

という焦りや、現実に追われる心が、また新たな「やらなければならないこと」を呼び込む。

でも、いったんその「やらなければ」をやめるという「覚悟」を持ち、自分が心から望むやりたい・ワクワク・楽しさを認めて叶えてあげることで、こんな嬉しい現状が返ってきました☆

ミミカフェのオーナー・ミミさんがブログにもよく書いていますが、

自分にないものを外に外に追いかけ続けていると、「追う」という現実をプレゼントされる。

「自分はもう得ている」と潜在から知ることができたら、必要なものは向こうからやってくる。

という宇宙の法則。

あ、向こうから来てくれるってこの感じね!

と今回実際に体感して初めてわかりました!

「追わなくても得ている」もの

そして改めて見つめることができた、自分が「追わなくても得ているもの」。

私はこれまで

これをやるなら資格をとらなきゃ

もっとこんなことを学ばないと

勉強をして、もっとこんなことができるようになりたい

など、外に求める事ばかりをしてきました。

もちろん資格が必要なものや、勉強をすべきこともあるので、もちろんそれが不必要ということではなく

自分がもう持ってるものもあるじゃん!と。

今まさに私がミミカフェで活かしに活かしているこれまでの経験や、文章能力、POP作成能力、デザイン力、絵心!

自分けっこういいもの持ってるんだな!って(*^^*)

「上には上がいる」が招くもの

私は今まで「上には上がいる」という気持ちで、これらを自分の特技として認める事ができませんでした。

おそらく「私は絵が上手い♡」と思っていた思春期の頃、自分より圧倒的に絵が上手い子を見て恥ずかしくなり「あの子には勝てない」「あの子がいるのに「絵が得意です」なんて言えない」と思ったのが始まり。

まさに女子のマウンティングですね(笑)

負けてプライドが傷つき、自分の専売特許だと思っていたものをあっさり超えられてしまう怖さを覚えてしまったんだと思います。

そしてそれをエネルギーに変えて「もっとうまくなってやる!」と思える人間でもなかったんですね(^^;)当時は自己肯定感が低かったので…

それから大人になるにつれ、私へ向けられた言葉ではなくとも

「あの人あの程度でできると思ってるんだね」

「あのカン違い、イタイわーー」

「しょせん趣味レベルでしょ」

などの言葉を聞くたびに

「自分はこんな風に思われたくない」

と自分の「好き」や「得意」を覆い隠して

「私なんてこんな程度のもんですー(^^;)まさか人様より上手なんて思ってないですよー」

という「謙虚」という名の防御壁を積み上げていきました。

そして少しずつ少しずつ長い時間をかけて積み上げられた防御壁は、いつの間にか自分の一部のようになり、自分の中の「好き」や「得意」を完全に無いものとしてしまいました。

だから自分のそれが「能力」なんて思ったことがなかったんです。

こんなのちょっとできたくらいで…もっとうまい人なんかゴロゴロいますから。と…

優れた能力がある人は「本人にとってそれが当たり前だから気付いていない」とよく言われていますが、気付いていないんじゃなく「気付いてはいけない」「それを誇ってはいけない」と思わされているからなのかもしれません。

一番じゃなきゃダメですか?

でもあるときふと思ったことがありました。

私、べつに日本一目指してるわけじゃないでしょ?

と。

一つのジャンルで「日本一とってやる!」と思ったら、ライバルが大勢いて、自分より秀でている人や才能に恵まれている人がたくさんいます。

他人からのジャッジによって順位もつけられます。

でも私は別に選手権で優勝したいわけでもなければ、日本一の○○と呼ばれたいわけでもない。

自分の力を最大限生かして、自分や家族や周りの人たちと幸せに生きていけたらそれでいい。

絵だってPOPだってデザインだって、このブログを書いている文章能力だって、私より経験や専門知識を持って、素晴らしいセンスを兼ね備えている人はたくさんいるだろうけど、私は自分のこれを持って生まれた。

だから上手下手じゃなく、自分にしかない個性が必ずある。

そしてそれを活かせる場が必ずあり、それで救われる人が必ずいる。

日本一上手じゃなくても「ビミョーだけどなんかイイ」って言ってもらえたらそれでいいんじゃないかって思えたときに、全部が解放された気がしました☆

そしてこれまでの経験もそうですね☆

「自分には何もない」「上には上がいる」に苦しめ続けられた経験があるからこそ、同じように苦しむ人の気持ちがよくわかるし「自分にもあるんだよ!!」って言ってあげられる。

これもまた、誰かを救うことになるんだなって思うと、本当に「人生に捨てるとこなし!」って改めて思います(*^^*)

スポンサーリンク



気付くと自分が癒される

自分がこうなってみて…(殻に閉じこもってた過去の私から見ればトランス状態!!(笑))

自分の能力や得意なこと、やりたいことに気付いてあげられると、自分自身が癒されているということを感じることができます。

私自身、↑先ほどまでの前項を書いている時、なぜだか涙が止まらなくなりました。

自分自身でもつい最近になってやっと気付き、認める事ができた自分の能力。

それを書くことで改めて認識し、素の自分?自分の中の自分?うまい言葉が見つかりませんが、ずっと押し込められていた私の「中の人」の涙かなーと思いました。

好きで、得意で、やりたくて、できるのに…

「そんなものない」

「そんな程度できたところで」

「どうせ一番になんかなれやしないんだから、無いと思っとけ」

と押し込められ続けていたんですね。

私がこの感覚に気付くことができたのは、この人のおかげ(*^^*)↓

つい先日facebookで知り合ったばかりのパンスピみのりさん☆

パンクでスピリチュアルでボディセラピストなみのりさんのブログは、ズバズバ切り捨てながらも愛がいっぱい♡

スピリチュアル感覚ゼロだと思っている人にも「わかってないだけでみんなもう使ってるんだよ!」と伝え続けてくれています☆

まさに私もスピリチュアル感覚ゼロだと思っていた人間なので、みのりさんの言葉はすごくよく響きます…

本当に縁あってつながってくれたので、まさに今の私がタイムリーに背中を押してもらえるようなメッセージをたくさん受け取らせてもらっています(*^^*)

自分のことを一番わかってあげるべき自分が、自分の感覚を否定してどうする!

というストレートなメッセージに、すごく「はっ」とさせられました。

今までどれだけ自分を疑い、偽って、否定して、無いものにしてきたんだろう…

自分が感じたままに、自分の心が一番正しいんだ!と強く信じさせてもらえました(*^^*)

実は私たちは、小さい頃から「感じてはならぬ」「己を信じてはならぬ」という教育を刷り込まれているってご存知でしたか?

子どもの頃、道で転んで「痛い」と泣くと「痛くない!!」と叱られる。ピーマンを食べて「苦い」と言えば「苦くない!」と叱られる。

そんな経験をたくさんすると「痛いと思ってはいけない」「思っても口に出してはいけない」「自分の感じている感覚は間違っている」と無意識に刷り込まれていくんです。

こんな小さなころから自分を疑うこと、否定することを叩きこまれているので、自分を信じることができない人が多くて当然なんですね(^^;)

でもだからこそ、それを救う人もいる。

潜在から得ることを信じられれば、こんな風に自分を救ってくれる人に、自然と出会うことができるんだなっていうことも実感できました☆

ミミカフェメソッドの影響?

ミミカフェが大好きすぎたことと、自分の直感が「行きたい」と望んだことでスタッフになってしまった私(笑)

もともとカフェのファンなので、ミミさんのメソッドも、気功体操も瞑想も、全部経験済みです☆

ミミカフェエンブレムが誕生する前日も、まさにメソッドを受けていました。

それも、私の人生においてかなり重要であった「縁切り」のメソッド。

縁切りについてはまた後日(*^^*)

私の過去のひとつの悪縁がすべてを滞らせていたようで、縁切りが済んだ後、すごい勢いで変化が起こり始めています。

ここがスッキリとしたことで、やりたいことをやる「覚悟」が持てて、インスピレーションが研ぎ澄まされ、自分をあれだけ解放することにつながりました☆

パンスピみのりさんの「自分の感覚を信じろ!」というメッセージにも強く背中を押されました(*^^*)

先日もミミさんと話をしていて

「メソッドの効果って「あーコレか!」って体感した人じゃないと理解できないから、嬉しい感想とかをたくさんもらうんだけれど、体験談とかで紹介しにくい」

という話題になりました。

たしかに文字にするとアヤシすぎる事ばかり起きるので、普通の人が見ると拒否反応を起こす可能性が高いです(笑)

なので、私はあえて「過激派」と言われることを恐れずに(笑)自分の身に起こった事は素直に書き残していくつもりです☆

自分の感覚を信じることにしたので♡

スピリチュアル感覚ゼロだった私が、メソッドで変わっていった様子をタイムリーに記録して、信じるか信じないかは読んだ方にお任せします(*^^*)

目標や夢をもって頑張る方にとって、潜在意識と顕在意識の存在は絶対に切り離すことができません。最近はビジネス書にも潜在意識について書かれているものが増えてきました。

夢や目標だけでなく、子育て、夫婦関係、人間関係…ヒトが関わる全ての事には潜在意識の影響があります。というか人が生きている時点で、潜在を抜きにしては語れません。(最近やっとわかった事ですが(笑))

そのため、ブログ内にミミカフェカテゴリーを新たに設置!

ミミカフェにまつわることや、私のメソッドの体験談、スタッフになったいきさつ、初めてミミカフェに行った時の記事などはこちらからご覧ください☆

基本自分の信念に反することは書かない主義なので、私が感じたすべての事を、そのときのタイムリーな状態で書き記していくので、今後メソッドを検討される方や、ミミカフェに興味を持っている方のお役に立つかと思います♡

ちなみに…こんなことやってますが、お店から頼まれてもいませんし、お金貰ったりもしていませんよ(笑)これからミミさんに「ミミカフェカテゴリー作ってもいいですか?」って許可とるところです(笑)

「動くAI(人工知能)みたいなスタッフが来た!」とか言われていますが、時給も他のスタッフと同じです☆

常連様に「人工知能は機械を人間に似せて作ったものだから、人間に対して使うのは使い方が間違ってる」とつっこまれていましたが(笑)

でも私は「惜しまずに与え続けることで、自分にとって本当に必要なものが返ってくる」ということをミミカフェで体感させてもらっているので、ずっとずっと、自分の人生にとって大切なものを得ることができていると思っています(*^^*)

ミミさんのブログ・Instagram↓

私がやりたいことを選択できたのは、明確な「今の自分のテーマ」に気付くことができたから!明確なテーマの見つけ方とは↓

私のパワースポット、利根に来てからたくさんの縁を頂きました!利根からつながる私のキーパーソンの方々↓

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の男の子を育てる1児の母。 結婚前はエステティシャンとして勤務。人体についての学びに楽しみを感じ、資格取得を目指すも結婚とともに引退。 産後、母乳育児の悩みや子どものアトピーを機に育児情報を調べ始め、個々の成長や悩みは違うのに、ネットに出ている主な記事は同じようなものばかりであることに不満を感じる。 不満を感じながらも学び続けた経験を、同じように悩むママたちの役に立てたいと、ブログ「mamabay blog」を開設。