ブログ名は「社名」です!プチ改名と現在の方向性に思うこと

本日もブログご愛読ありがとうございます☆

Mamabay blog管理人のMAKOです(*^^*)

本日は息子と一緒に利根町のカズキッチンさんに行ってまいりました☆

今日は久々にカズキッチンにお邪魔しました❤️ 食べる前に写真を撮るつもりだったのに、すっかり忘れて食後の撮影(笑) 🍀 今日はわざわざ栃木から カズキッチンのパンを 求めて来られたお客さんも いらしたそうな! 🍀 新作の和紅茶ライスキューブも 初体験❤️ 🍀 これでもかっ! というぐらいに 茶葉をたっぷり使用しているので とってもビターで 茶葉の香りもしっかり❗️ 🍀 好きな人なら 中毒症状が出るくらいに ハマりそうです💕 🍀 息子は豆乳チョコパンを なんと3つもたいらげました💦 普段は チョコは食べさせていないので 無添加 動物性脂肪不使用の カズキッチンのチョコクリームだけは 許可しています😁 アトピーだしね😓 🍀 お店を出ても なかなか帰ると言わない息子を 寒空の下 待つ😑 #ママベイブログ #Mamabay #カズキッチン #無添加パン #天然酵母パン #植物性100% #動物性不使用 #白砂糖不使用 #体に悪いもの不使用

A post shared by bayme (@bayme_man) on

カズキッチンのオーナー・カズコさんと話をしていると、ホントにいつもポジティブエネルギーを頂き、良い気付きをもらったりもしています(*^^*)他人に感染するぐらいの強力ポジティブエネルギーを発している方なので(笑)

さて本題ですが

最近、誰にも気づかれない所でMamabay blogのマイナーチェンジを企てています(笑)

この記事をここまで読んですでに気付いてくれるファンの方がいたら非常に嬉しいです(*´ω`*)

スポンサーリンク



ブログ名を決めるために必要だったこと

ブログ名って「社名」ですから!

すごくビミョーな変化ですが、これまで「mamabay blog」だったのを「Mamabay blog」に変えてみました(笑)

どーでもいーー(;´Д`)

とか言わないでくださいね!(笑)これにはちゃんと理由があって…

画数を気にしてみたのが単純な理由なのですけど(^^;)

でも、私にとって、ブログの名前はいわば「屋号」。店舗や会社の名前と同じくらい大切なものです。

もし自分が何百万、何千万もの初期投資をして会社やお店を興すとしたら、その社名…私だったら、たぶんお金を払ってでも納得がいくまで姓名判断をして、大吉です!絶対成功!みたいな名前にすると思います。

でもブログを始めた当初の私はどうだったかというと…

かなり適当に決めていました(^^;)

もちろんインスピレーションも大切なんですが、なんとなく

初期投資のない「ブログ」という業種

登録や手続きのない手軽さ

「私のブログなんか誰か見てんのかな…?」というプロ意識のなさ

などが私の無意識層にあり

何が何でもこれで成功する!という覚悟ができていなかったんだと思いました。

もちろん頭では思っていました。これで結果を出さなければ!絶対稼いでやる!って。でも、頭で思っているだけで「腹を決めていなかった」ということですね。

私の今年のテーマが

覚悟を持って

自分のやりたいことをやる

自分の感覚を信じる

に決まった事で、私がこれから成していく事業への覚悟が決まり、そのために必要なものとして自分が選んだものが「結果を出せる屋号への改名」だったというわけです。

「そういえばうちのブログ名って画数いいのかな?」というふとした気付きでやってきました。最初は何の気なしにやっていましたが、詳しく調べるごとに「あ、これ必要なんだ」と思うようになりました。

このテーマも、頑張って捻出したものではなく、自分の周りにあるものを自分が気付き、その感覚を信じることで受け取ることができたテーマ。

その気付きって、特別な力とかじゃなくて「ある」って気付くだけのことでした!↓

でも思いついたのは良いのですが、アルファベットでできる姓名判断ってあんまりなくて、少し探してこれが使いやすかったですね☆

基本的な画数を大吉に持っていきたかっただけなので、私の場合はこれで十分でした☆

あと、変えようと思っているのが自分の名前。

あ、ガチの改名しようとか思ってるわけではなく、ブログ上のハンドルネームのことです。

現在bayme(ベイメ)としているのですが、あまり機能しておらず、私自身も「baymeさん!」と呼ばれるのがあまりしっくり感じられないので、本名にしちゃおうかな!と思っています(*^^*)

ハンドルネームにするとしたら本名そのまま「MAKO」。

名刺などはそのまま実名の「倉持真子」に。

以前は「真子」が「マサコ」と読まれることが多かったので、名前をカタカナ表記にして「倉持マコ」にしていましたが、よくよく調べると「倉持マコ」は画数が最悪!!(笑)

親がつけてくれた「真子」は超大吉で最高の画数なので、親にも感謝して実名で世に出すことに決めました☆(結婚して倉持姓になり少し低下しましたが、旧姓の頃は苗字・名前ともに完璧な画数でした。ホント私の幸せを願ってくれていた親に感謝!)

これもまた私にとっては「覚悟」の部分。過去に悪縁があった私は「実名で自分にたどり着かれる不安」を潜在に強く持っていたため、少しでも実名からハズすために、名前のみカタカナ表記にしていたというのもあります。baymeというハンドルネームも、すぐに自分を特定されないようにとつけたものでした。

実はこれが私のすべてを滞らせていました。先日メソッドで悪縁を切ってもらったことで、自分を隠す必要がなくなり、堂々と世に出て行こうという覚悟を持つことができました☆

プチ改名の過程で気付いた違和感

そんなこんなでプチ改名を行っていると、自分の名刺を作りなおしたり、ブログのトップ画面も変えようーとか、手直しする部分が色々と出てくるので、これまでの自分の名刺や、トップ画面などをよくよく確認することになりました。

そこで感じた違和感。

「子育て情報発信ブログ」

なんか違ってきてる?いや、違わないんだけど…

子育て情報の発信をやめるとかそういうのじゃないんですが…。

子育てに役立つ情報は伝えていきたいし、これからもっと勉強して、食の安全と健康についてなど、伝えていきたいことはたくさんあります。

ただこのブログを「子育てブログ」と限定してしまっていることに少し違和感を感じ始めました。

私は、ひょんなことから始まった子育て中の一般主婦の挑戦を、自分に起こっている出来事や、自分が変化していく様を通して、誰かに勇気を与えたり、可能性を感じてもらったりできるんじゃないかなと思っています。

子どもを育てている人にも可能性があること、どんな環境にも道は開かれているっていうことを、自宅でくすぶるママや主夫パパに「こんな選択もあるよ!」と示せないかとも考えています。

成功者の書籍やブログによくある「なんやかんやあって成功しました」の「なんやかんや」の部分を私は記していこうと!(笑)

そして、子育てブログを始めようと決めたときの私にとっては、子育て情報にしか自分の可能性がないと思っていました。

でも、今の私は自分のもつ能力を受け入れ、自分の枠を大幅に広げることでもっと大きな可能性を感じることができています!

今は自分がすごい速度で成長しているので、過去の自分が決めた枠に違和感を感じ始めたんですね。

スポンサーリンク



先延ばしはチャンスを逃がす

今日は久々にカズキッチンへ行ったのですが、私はいつもカズコさんに会うとヒントをもらえたり、そこから状況が好転したり…不思議な人です(笑)本人はそんなこと全然思っていないと思いますが(笑)

今日は、私が名刺を作り直しているという話をしているときに

「今はまだ気が変わりそうなので、すぐ作り直せるようにしばらくは自作で小出しに作る予定です☆方向性が定まったら業者にドサッと頼もうかと」

と私が言うと

私もそう!それでいくらフライヤーを無駄にしたか!(笑)

でも『違う』って自分で思ったのに、『もったいない』って古いものをずるずる使い続けていたら、せっかく来たチャンスが逃げちゃうような気がしてさ!

というカズコさんの言葉に、私もまた気付きをもらいました☆

やっぱり違和感を感じているのにそのままじゃイカンと。

メッセージとして自分に届いて、気付いているのにそれを無視することになりますもんね☆

今は自分の目指しているものを人にわかりやすく伝えるにはどんな言葉にするのが一番いいのか、まだ見つかっていませんが、また新たに気付きとして得られると信じて、自分にできることをやりつづけようと思っています☆

あと、少しスローペースですが子育てに役立つ情報もきちんと発信していくのでよろしくお願いします(*^^*)

ブログ開設時2017年8月ごろの私↓

五か月後…2017年の年末の私↓

そして自分の能力に気付く私☆↓

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の男の子を育てる1児の母。 結婚前はエステティシャンとして勤務。人体についての学びに楽しみを感じ、資格取得を目指すも結婚とともに引退。 産後、母乳育児の悩みや子どものアトピーを機に育児情報を調べ始め、個々の成長や悩みは違うのに、ネットに出ている主な記事は同じようなものばかりであることに不満を感じる。 不満を感じながらも学び続けた経験を、同じように悩むママたちの役に立てたいと、ブログ「mamabay blog」を開設。