【完全無添加】自家製焼肉タレ作ってみた!化学調味料・添加物・白砂糖不使用の激うま万能タレ!

こんにちは!

ヒトにも地球にもやさしい子育て&子育てする人の自己実現を応援しているMAKOです☆

↑注文していた「ほぅさん」の「買い物は投票だ」ポスターが届いてご機嫌です♡

 

最近、自分の中での「模索活動」がひと段落し、今後は

自分の中にあるものをもっと磨く

ということが私のテーマになりました☆

外にばかり求めない。答えは自分の中にあるとなんとなく掴むことができました(*^^*)

 

そこでやり始めているのが

料理

です♡

 

我が家の息子はアトピーで化学物質にとても敏感。

そのため、洗剤やせっけんはもちろんのこと、食べるものや調味料も完全無添加やオーガニックを徹底しています。

お肉が大好きな我が家では今週末、庭で「今年最初のBBQをやろう」と予定しているのですが、BBQで憂鬱になるのが

焼肉のタレ。

 

ちなみに以前はこれを使っていました☆

醤油(大豆(遺伝子組換えでない))、砂糖、みりん、ゴマ油、酒、ゴマ、ニンニク、ネギ、リンゴ、唐辛子、コショウ、ナシ、生姜、(原材料の一部に、小麦を含む)

化学調味料無添加で保存料や香料などの添加物も不使用です☆

 

ただどうしても気になるのが

白砂糖。

原材料ラベルを見て「砂糖」と書かれているものは、特別「○○の粗糖を使用」などと記載されていない限り確実に白砂糖です。

白砂糖がどうしてイヤなのか…白砂糖は製品化する過程で、原料のサトウキビやサトウダイコンに元々含まれているミネラルなどの栄養素をすべて削ぎ落し、甘みだけを残した化学物質です。ミネラルを持たない白砂糖は、体内から排出される際に体の中にあったミネラルを奪って出ていきます。食べれば食べるほど体はミネラル不足に…。また、活性酸素を大量に作り出すとも言われていて、アトピー肌に活性酸素は大敵!アトピーによるかゆみをより促進させたり、活性酸素によって老化を早めたり、ガンになりやすくなったり…「どうにか避けて暮らしたい」と思う要素が盛りだくさんなのです。

 

「今度のBBQで使うタレどーーしよーー…」

と考えていた時、ふと

「そうだ!!作ってしまおう!!」

と思い立って作ることにしました(*^▽^*)

我が家で使っているオーガニックな調味料を駆使して、無添加・白砂糖不使用はもちろんのこと、みりんシロップなどを使い、砂糖自体の量をカットすることにも挑戦しました☆

そこで今回は、私が作ってみた焼肉のタレレシピと、我が家で使っている調味料を合わせてご紹介いたします(*^^*)

スポンサーリンク



完全無添加!白砂糖・添加物・化学調味料無添加の【自家製焼肉タレ】作ってみた!

完全無添加!自家製焼肉タレの材料

今回作る焼肉のたれは、クックパッドより★いなぴっぴ☆さんのレシピを参考に、私流にアレンジさせていただきました(*^^*)

まず、初めて作るということで、ビンは500mlのサイズで☆

↑うちにはココナッツオイルの空き瓶がたくさんあるので、洗って煮沸消毒して再利用。ちょうど500mlサイズなのでいい感じの大きさです(*^^*)

自家製焼肉タレ(500ml)の材料

みそ 85g

さとう 150g

(今回は本みりんシロップ120gを砂糖の代わりに置き換え。砂糖使用量は30gと大幅カット)

しょうゆ 300g

たまねぎ 小4分の1(大なら6分の1くらい)

ニンニク 2~3かけ

ゴマ 15g

しょうが 少々

ゴマ油 大さじ1

(そのほか、ネギ6分の1、ニンジン6分の1なども入れるのですが、ちょうど今自宅に無かったので、今回は省略しました)

それでは実際に作っていくのですが、普通のご家庭には無い調味料も出てくるかと思います。

もしご家庭で作る場合には、シンプルにみそ・砂糖・しょうゆなどに置き換えて頂いても作れます☆

ただ、本当に私がいいと思うものを自宅では使っているので、使ってみたいものがあればぜひ取り入れて頂きたいなと思ってご紹介させていただきます(*^^*)

まずは味噌から。我が家にある無添加みそたち

最初は味噌85gを瓶に入れます。

↑ちなみに今我が家にある味噌がこちら。左は「無農薬大豆から作った無添加田舎みそ」。真ん中にあるのが龍ヶ崎にある「やしろ味噌」さんの「無添加3年味噌」で、右端も同じく「やしろ味噌」さんの無添加みそです。

 

 

今回のタレに使用したのは「やしろ味噌」さんの「無添加みそ」と「3年味噌」。

無添加みそを75g

3年みそを隠し味に10g使用しました。

3年味噌はクセが強いため、普通に味噌として使うのには向きません。隠し味に少量使うことで、和洋中問わずどんなものにも深みを出すことが可能です☆

お砂糖カットの裏ワザ…本みりんを活用!

そこへ、砂糖を入れて混ぜるのですが…

ここで今回の秘密兵器!

みりんシロップ投入です!

みりんシロップ…本みりんを鍋で煮詰めてアルコールを飛ばし、砂糖の代わりに使用することで砂糖使用量をカット。砂糖断ちにもおすすめの手法です☆ただし、煮詰めすぎると飴のように固くなるので注意。

ちなみに我が家では「母の味」を使用していますが、塩の添加が気になる方は、純粋に米とこうじのみで作られたみりんがおすすめです☆ 

今回は本みりん200gを鍋で煮詰めて120gになったものを冷まして使用。

全部みりんだとさすがにクセが強いので

残りの30gは砂糖を使用。

↑お砂糖はこちら。少し黒糖に似た風味もあり、やさしい甘さに仕上がります。

みりんとお砂糖を入れたら混ぜる。

「無農薬大豆使用」のお醤油と「しょうゆこうじ」

次はお醤油300gなのですが、ここでも少し隠し味が登場します☆

まずはお醤油を200g投入

 

↑我が家のお醤油はこちら。こちらも無農薬大豆を使用したお醤油。ほんのり甘みを感じる激うま醤油です☆

↑お醤油200g入りました

ここで登場するのが、我が家のマスト調味料

「やしろ味噌」のしょうゆこうじ!

コレほんと美味しいんです…

お醤油とこうじと、アルコールを飛ばした赤ワインを使用していて、甘みがあるのでどんな料理もビシっと味を決めてくれます!

ネット販売とかしないのかなぁ…?

しょうゆこうじを100g投入

この時点で、ビンはだいぶいっぱいになってきています☆

もう少しで完成(*^^*)

スポンサーリンク



すりおろし野菜投入~完成☆

タマネギ小4分の1と、ニンニク2かけを

すりおろして…

生姜も少々すりおろして入れます

すりごま15g~

ゴマ油大さじ1~

で、完成♡

Mamabay特製焼肉のたれだよっ♡

さっそく味見がてらお肉を焼いてみました☆

あーおいしそう…

もうこの時点で匂いが美味いです…

どーん!

やばいです…絶対うまいやつですよ…(実際美味しかったです♡)

今日はまだ一日目なので、タマネギやニンニクのうまみが溶け出してくるともっと美味しくなるかな☆

育てる楽しさもありますね(*´ω`*)

今回は500mlサイズだったのですが、美味しく出来たので次回は特大サイズで作ろうかな☆

万能タレなので、野菜いためにも焼肉にもステーキにも!なんでもアリですよ!

欲しい!という方は…こっそり連絡ください(笑)

そしてやしろ味噌の3年味噌としょうゆこうじはホントにおすすめです!

もし遠方の方でほしい方は、送ってもらえないかなぁ?

やしろ味噌さんに直接お問い合わせしてみて下さい☆

 

ちなみに…今回ご紹介した調味料は、ほとんどが息子を通わせている保育園で取り扱っているものです。

こんな良質な調味料を給食に使っているというスゴイ保育園!

そして私自身も使ってみて本当に良いものばかりなので、もっと多くの方に知ってもらって、メーカーさんを応援したいと思い、当ブログでもご紹介させていただきました☆

取手・つくばみらい・守谷などの近郊にお住まいの方でしたら、常総生協もなかなか良いものを取り扱っていておすすめです(*^^*)

今回は私の方でかなりアレンジしたレシピなので、「3年味噌無い!」「しょうゆこうじ無い!」とかいう場合は、最初に記載した材料通り混ぜ合わせても十分作れます☆

ただ、お砂糖はものすごい量を使うので、みりんである程度代用するテクニックはぜひ取り入れてもらいたいです!いくらミネラル糖を使っていても、やっぱりお砂糖はお砂糖なので(^^;)

作り方だけ読み返せるように、調味料紹介を省いた「慣れた人用ページ」作りました(*^▽^*)

 

本日もご愛読ありがとうございます♡

 

一工夫で無添加・白砂糖不使用・グルテンフリーなどなど…作ってみたシリーズはこちらからどうぞ☆↓

食品の選び方を伝えている人もいますよ☆↓

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の男の子を育てる1児の母。 結婚前はエステティシャンとして勤務。人体についての学びに楽しみを感じ、資格取得を目指すも結婚とともに引退。 産後、母乳育児の悩みや子どものアトピーを機に育児情報を調べ始め、個々の成長や悩みは違うのに、ネットに出ている主な記事は同じようなものばかりであることに不満を感じる。 不満を感じながらも学び続けた経験を、同じように悩むママたちの役に立てたいと、ブログ「mamabay blog」を開設。