【しんどい…】春はアトピーがひどくなる!?今春は息子のアトピーデトックスがハンパなかった件

こんにちは!

地球にも人にもやさしい子育て&子育てする人の自己実現を応援している

♡自然派かあちゃん♡MAKOです☆

 

実はここ1か月…

ブログも書かず…

facebookにもインスタにも登場せず…

 

著名人だったら「死亡説」が出るような生活をしておりました(笑)

 

あ、でも本人はこのとおりいたって元気ですのでご心配なく(笑)

 

というのも、我が家の息子はアトピーなのですが

今年に入ってから(とくに2月中旬以降)

アトピーが劇的に悪化!

( ゚Д゚)!!

 

かゆくて眠れない、眠っていてもかゆくて起きてしまう。

そんな息子に付き添っていたら、携帯いじる・ブログ書くどころじゃなくなっちゃったんですね(^^;)

でも今回のアトピー悪化の理由には、ある程度の予測がついています☆

それは春デトックス。

そこで今回は、このたび私がブログを長期休業するに至った息子のアトピー春デトックス事情!

同じ悩みを持つ方々のお力になれれば幸いです☆

スポンサーリンク



アレルギー・アトピーの人は知っておくべき!息子の春デトックスがしんどすぎた

息子のアトピーと私の生活リズム

どうして息子のアトピーがひどくなったからといって、ブログが書けなくなってしまったのかと言うと…

今まで私は、息子が寝てからの時間で色々な家事をこなしておりました。

息子が20時に寝るとすると、そこから23時くらいまでの間で…

食器洗い

洗濯

翌日の朝食・夫のお弁当準備

時間があればブログ記事作成

などなどをこなしておりました。

 

ところが、息子のアトピーが悪化しはじめてからというものの…

これらを全て終わらせて(23時~24時頃)

「さーー寝よう!」

と思った頃。

寝室から

 

「かゆい…かゆい…かぁちゃーーん( ノД`)」

 

という声が必ず聞こえてくるようになりました。

それも毎日。

決まってこの時間に。

 

そこからは私も寝られません。

息子が「眠れないほどかゆい」ということは

母親の私も息子が眠るまでは寝られないということです。

 

息子がかゆみに目を覚ましてから

30分から、長くなると2時間

体中を掻いたり、オイルを塗ったり…

どうにかおさまって眠ってくれることを願いながら、ぐずる息子に付き合います。

 

足をかけば「背中がかゆい…」

背中をかけば「腕がかゆい…」

腕をかけば「お尻…」

また足…背中…腕…

と永遠にいつ終わるのかわかりません。

 

なんとか眠ってくれたとしても、そこから「朝までぐっすり」ということはありません。

 

0時半にやっと寝付いたと思ったのに、また2時にかゆくて起きたり。

その後また4時半に起きたり。

 

23時過ぎに起きて、延々2時過ぎまで寝られないということもあります。

(もちろんその後も朝まで寝られる確証はありません)

 

「やっと寝た…!」と思って手を止めたら、その瞬間に目を覚ましてかゆみがエスカレート。

下手に途中でやめると余計に寝なくなる

というオプションもあります…

 

20時に息子が寝てからの数時間。

 

家事をこなしてから毎日この生活をしていたら

抵抗力がガタ落ちになり、先月両目が結膜炎に…

↑その時の写真。寝不足で肌も荒れて顔もむくんでヒドイ状態です(^^;)

 

体も限界でしたが

気も狂いそうでした。

 

寝られないって本当に人間を狂わせます。

うちの息子は新生児の頃にはわりと寝てくれる赤ちゃんでしたが、全然寝てくれない新生児を育てているママは

「育児の右も左もわからないうちにこんな状態になるんだな…」

(´;ω;`)

と改めて思いました…

 

そのため、4月中旬からは息子が寝た後にやっていた家事を一切やめ

夜は息子と一緒に眠る。

夜にやっていた家事は、息子が保育園に行っている日中の時間に全部詰め込みました。

 

私の今の仕事はブログを書くことなので、これまで息子を保育園に預けている時間は

ブログを書くか、将来のために使う時間にする

と決めていました。

お金払って預けていますしね(^^;)

 

でもさすがに

「このままでは死ぬ!」

と思ったので、睡眠時間を最優先とした生活に変えることにしました。

 

20時頃から0時頃までのたった3時間程度でも、まとまって寝られるとかなり体がラクになりましたよ!

↑このとおり(笑)

 

アトピー子育ては家族の協力が絶対必要!

 

夜だけでなく朝も起きた直後から「かゆい…かゆい…」という時もあります。

 

我が家では夫にかなりの協力をしてもらい

夜、帰ってきてから自分が食べるもの

自分の朝食

自分のお弁当

 

…要は

自分の食事はほとんど自分でしてもらっています。

 

じゃないと、息子がこの状態で

スーパー長男(夫)の面倒まで見られません。

(もちろん洗濯や家の掃除などは私が日中やっています)

 

夜の食器洗いもやってくれている時もあり、とても助かっています(*´ω`*)

 

子どものアトピーがひどい状況だと、一緒に寝ているママは確実に睡眠不足になります。(そしてイライラもリミットブレイクです)

夜間に子どもが泣いても起きないパパや、別室で寝ているパパにはそのつらさがわからない場合も多いので、ママはしっかりと助けを求めたり、子どもの状況、自分の状況を伝えることが大切です。

でも「わかってくれない」「察してくれない」「言ってもあてにならない」と嘆いているママも多いかと…

 

私は今、女性の出産を支える「産じょくヘルプ」活動のお手伝いをさせてもらっていますが、そのシェア会参加者さんのブログでとても心に響く言葉がありました。

それは産後の女性へ向けたメッセージ。

赤ちゃんを産んだ出産直後~6週間以内の女性は「全治1か月の重傷」と同じ状態であり、安静で寝たきりが推奨されています。

しかし「頼れない」「申し訳ない」「自分でやった方が早い」などの理由で無理をして動いてしまい、体を壊してしまうママが多くいます。

そんなママへ向けた言葉です。

 

産後の「何もできない状態」が

周りを動かしてみんなで進化していくのだから

 

「できない」と伝えることが

あなたの役割だったりするのだから

(一部抜粋)

 

「できない」って言えないママは多いと思います。

「私この子がこんなに大変でこんなに疲れてるの!」

ってなんか悲劇のヒロインぶってるみたいで、私もできれば絶対に言いたくありません。

 

でもやっぱり大変なとき、極限の時とかは協力してもらわないと、何のためのパートナーなのか…わかりませんよね(´・ω・`)

 

自分ができないことを「できない」って伝えることが自分の役割。

そこでぶつかるかもしれないけど、結果としてパパの成長にもつながるのかもしれない。

家族として成長できるのかもしれない。

それが「できない状況にある人」の役目なのかもしれない。

 

そう思ったら、きちんと

「できないんだ」ということを

わかってもらえるように伝えよう

って私は思いました。

 

ちょっと宣伝になりますが…

夫婦間での「伝え方」には実はちょっとしたコツがあるんです☆

 

今、茨城県つくば市の産じょくヘルプ事業を一緒に盛り上げている私のお友達で

「サンバを踊る幸せ家族アドバイザーの詩織さん」

という方がいます☆

すぐに取り入れられるコミニュケーション術で夫婦・親子間のコミニュケーションを円滑にし「ママが笑顔になれば家族みんながHappy!」になっちゃう勇気づけ講師をされています☆

次回の「産じょくヘルプシェア会メンバー限定イベント」

(つくばララガーデンにて5月30日開催)

では、産じょくヘルプと詩織さんの勇気づけ講座がコラボして

「産後の家事育児シェアを円滑に乗り切るための言葉かけ」

についてのお話を聞くことができます!

今回はメンバー限定イベントですが、参加を強く希望される方は主催者のゆーみんさんにコンタクトを取ってみて下さいね☆

遠方の方はぜひ詩織さんのブログを見てみて下さい☆

 

 

子どものアトピーってつらいですよね。

家族で力を合わせて乗り切っていきましょう!

今後「子どもをアトピーにしてしまう原因」についても私独自の視点で書いていきたいと思います☆(いつ書くかはまだ未定)

 

ところで…

 

今回のタイトルにもある

アトピーの春デトックスって何??

って思う方も多いと思うので、次回は春デトックスとアトピー・アレルギーなどについて書いてみたいと思います☆

 

文中で紹介した「産後の女性を支える産じょくヘルプ」について、ぜひ知って下さい!パパが勝手にイクメンに育つ秘密とは??

アトピーっ子に添加物は大敵!!我が家の無添加レシピはこちら↓

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の男の子を育てる1児の母。 結婚前はエステティシャンとして勤務。人体についての学びに楽しみを感じ、資格取得を目指すも結婚とともに引退。 産後、母乳育児の悩みや子どものアトピーを機に育児情報を調べ始め、個々の成長や悩みは違うのに、ネットに出ている主な記事は同じようなものばかりであることに不満を感じる。 不満を感じながらも学び続けた経験を、同じように悩むママたちの役に立てたいと、ブログ「mamabay blog」を開設。